阿部寛の娘の学校は青学?若い頃の画像や性格について。

ドラマ「結婚できない男」が当たり役となり、今ではお茶の間の安定した人気者となった阿部寛さん

彼には2人の娘さんがいらっしゃるのだとか…。

一体どんな学校に通っているのでしょうか?

阿部寛の娘について

モデル出身の長身と日本人離れした濃い顔が印象的な俳優の阿部寛さん

現代劇はもちろんですが、外国人役から時代劇まで多彩な役をこなしています。

2006年にはいまだに根強い人気を誇るドラマ「結婚できない男」で主演を務め話題になりましたが、プライベートではその1年半後、2008年2月に15歳年下一般女性(OL)と結婚

2011年6月23日に長女、2012年11月1日には次女が誕生しています。

役柄のイメージが強過ぎるのか…。

スポンサーリンク

結婚して子供がいるなんて、聞いて思わず驚いてしまった阿部寛さん。

15歳も年下だった奥様との間に2人の娘さんが誕生していました。

公の場で自身のプライベートに関してほとんど語ることのない阿部寛さんですが、女性セブン2015年3月19日号には阿部寛さんの娘の幼稚園に関する記事が出ていました。

それよると、阿部寛さんの長女が都内の名門私立幼稚園に合格したようだ、とのこと。

同年2月下旬に阿部寛さんは奥さん娘さんとともに入園オリエンテーションに参加していたそうです。

結婚できない男だった阿部寛さんが娘の学校の為に、オリエンテーションに参加!?

イメージとのギャップがあり過ぎて思わず吹き出してしまいそうでしたが(笑)

きっと性格のいい阿部寛さんのことですから、周囲を和ますような素敵な回になったはずです。

同級生になる他のご両親は阿部寛さんと親しくなれて嬉しかった人が多かったのではないでしょうか。

阿部寛の娘の学校は青学?

もっとも、この記事内には「都内の名門私立幼稚園」という意外に幼稚園特定につながる情報はありません。

都内の名門私立幼稚園というだけでは青山学院幼稚園や成城幼稚園のような有名大学の附属幼稚園、あるいは枝光会幼稚園のような御三家と言われる幼稚園など、多数の候補が出てきてしまいます。

しかし、2014年12月19日配信のNEWS CAFÉの記事によれば阿部寛さんの長女が合格したのは青山学院幼稚園とのこと。

同じく子供が青学を受験した経験がある市村正親さん篠原涼子さん夫婦にアドバイスを受けての合格だったのだそうです。

阿部寛さんはプライベートなこと、その中でも娘たちのことに関しては公開したくない様子なのですが…。

同じく俳優の市村正親さん篠原涼子さん夫婦に相談したところ、どこからか情報が洩れてしまったようですね。

子供たちの学校は青山学院幼稚園だということが分かりました。

阿部寛の若い頃がかっこいい!画像は?

3人兄弟の末っ子として育った阿部さんは、1983年にノンノボーイフレンド対象でグランプリを獲得。

お姉さんの推薦がきっかけでカリスマモデルへの道を歩み始めました。

神奈川県横浜市出身で目元凛々しい顔立ちの高身長イケメンシティボーイとくれば、審査員も放っておくことはできなかったのだなと想像できますね、納得です。

当時はバブル期で、阿部寛さんも投資用マンションに手を出して失敗し、多額の借金を抱えてしまったのだとか・・・

阿部寛さんがテレビに出始めた頃はちょうどバブルの真っただ中でした。

ワインのCMで一躍有名になった阿部寛さんですが、当時は3高という言葉が流行っていたんです。

3高とは何かというと…「高学歴」「高収入」「高身長」の男性のこと。

スポンサーリンク

阿部寛さんの場合、中央大学理工学部電気電子情報通信工学科を卒業しているので高学歴です

身長は189㎝ですし、芸能人なのでもちろん高収入

阿部寛さんは3高をクリアしている男性の1人ということになります。

そういう意味もあって、世間の女性からモテまくっていたんです。

このロコ、南野陽子さんとの共演を果たした「はいからさんが通る」を皮切りに数々の仕事をゲットします。

しかし、背が高すぎて扱いにくいこととイケメン枠の俳優として代わり映えのしない役回りばかりになってしまったことが災いし、苦難の時期を迎えることとなりました。

パチプロとして生計を立てていた、なんて話もありますが本当なのでしょうか?

その風貌からパチンコ屋さんでも相当目立っていたのでは・・・?

こんなにかっこ良くて、演技力もある阿部寛さんですが、仕事がなかった時期もあったとは不思議なものですね。

阿部寛の性格が良いと話題!可愛いとの声も?

パチンコで生計を立てなければならないなんてお話が出てくるような苦労の時代から、脇役としての実績を改めて積み直した先にブレイクの兆しが待っていました。

芸能人デビューのきっかけであった「イケメン」という売りにこだわらず、一癖も二癖もあるいわゆる「変な人」の役回りを積極的に引き受け、多彩な俳優「阿部寛」というブランドを構築してきました。

その結果、2006年にFNS上期の大賞を受賞した私も大好きなテレビドラマ「結婚できない男」を筆頭に、様々な場面で俳優としての地位を確たるものに変えていきました。

阿部寛さんが主演したドラマ「結婚できない男」はあまりにも面白くて、私は5回くらい見直しているファンの1人です。

超2枚目なのに、変人でモテない役を見事にこなした阿部寛さん、どうやらこの役が当たり役になったようですね。

『テルマエロマエ』で共演した北村一輝さん

NHK『あさイチ』に出演した際に、阿部寛さんの『テルマエロマエ』時の第一印象について、阿部寛さんの性格については、「非常にいいやつ。すごく真面目。見た目はああだけど」とも話していたそう!

二人はとても仲良しのようですね!

阿部寛さんに対する北村一輝さんのいい方というか、表現の仕方も、最高ですね!!

見た目はああだけど非情にいいやつ

芸能界のみならず、やっぱりどこの世界でも超いいやつが活躍したり出世したりして欲しいのでこれからもずっと阿部寛さんを応援して行きたいです。

『TRICK』で共演した仲間由紀恵さんも、阿部寛さんが性格良いことを裏付けるコメントをしています。

阿部寛さんが結婚したときの祝福コメントです。

『「結婚できない男」…だと思っていた阿部さんがまさか…。

何年も一緒にコンビを組ませて頂いていますが、突然の ニュースに本当に驚きました!

でも私は、現場でもいつも周りに気を遣って、皆さんから愛される阿部さんがこうして 「桜」を咲かせる日がくるのを、もちろん、まるっとお見通しでした!

どうぞ末長くお幸せになって下さい。

↑のような素敵なコメントを残した仲間由紀恵さんも凄く性格が良い方なんでしょう。

阿部寛さんの周囲にはこれからもきっと「類は友を呼ぶ」という言葉の通り、素敵な人が集まってくるに違いありません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする