荒木絵里香の娘の名前は和香。画像は?出身高校や現在について。

バレーボール選手の荒木絵里香さんの娘・和香ちゃんについてリサーチ!

画像も公開します。

荒木絵里香さんの出身高校や現在の活動に至るまで丸裸にします!

荒木絵里香の娘の名前は和香。画像は?

荒木絵里香さんはバレーボール選手して、たくさんの結果を残している名選手。

実は結婚していたことをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

しかも「でき婚」だったのです!

旦那さんは元ラガーマンの四宮洋平さんです。

スポーツ選手同士の結婚は嫌でも子供に期待が入ってしまいますが、荒木絵里香さんは2014年に女の子を出産しました。

お名前は「和香ちゃん」です。

産まれながらに将来のバレーボール選手候補となったのです。

現在は5歳になっています。

そんな和香ちゃんの画像がコチラ。

現役の選手で子供がいることは、そんなに珍しいことではないのでしょうか?

アスリートなら誰もが思うことでしょうが、子供に自分の現役時代の活躍が理解できるまで続けたい、というのが夢なのでしょう。

荒木絵里香さんは結婚、出産に対してこのように思っていたようです。

結婚を前提にしたパートナーもいて、彼も「結婚、出産してからでも競技を続ければいい」と後押ししてくれる。

このタイミングを逃したら、きっと後悔する。

ならば結婚して、出産してから、もう一度競技復帰を目指そう。

やっと腹が据わりました。

ただ、不安だったのは、こうする、と決めたのはいいけれど、自分がちゃんと妊娠できるのかどうか。

10代の頃から生理痛がひどくて、腹痛だけでなく、吐き気や頭痛で、試合を欠場したこともあるほど。

簡単に妊娠はできないだろう。

半ば諦めていたし、最低でも妊娠して、復帰するのに2年はかかるだろうと思っていたので、昨年の6月に妊娠が判明した時は、本当に嬉しかった。

引用:荒木絵里香が旦那四宮洋平と離婚の噂はなぜ!?子供との関係は!?

周りからは「でき婚」と後ろ指さされるような言い方をされたかもしれませんが、荒木絵里香さんにとってはタイミングのいい妊娠だったようです。

ですから「でき婚」と言うより「授かり婚」と言うべきなのかもしれません。

娘さんを無事出産した時は荒木絵里香さんと、夫の四宮洋平さんはこのようにツイートしていました。

こんなに何気なく呟いていますが、実は難産だったそうです。

スポンサーリンク

アスリートが子供を産んでから現役復帰するには、色々なハードルがあったかと思います。

ですが、子供が勇気と力の源となって、また更に上のステージで活躍できるのでしょう。

荒木絵里香の出身高校はどこ?

荒木絵里香さんの出身高校は「成徳学園高校」です。

現在は「下北沢成徳高校」となっています。

荒木絵里香さんが在学中は、大山加奈選手らと共に、春高バレー・インターハイ・国体優勝の高校3冠を経験しました。

もともと荒木絵里香さんがバレーを始めた小学校5年生の時点で、身長が174㎝あったそうです。

荒木絵里香は現在どうしてる?

現在、「バレーボール女子世界選手権」の真っ只中です。

荒木絵里香さんも選手として出場しています。

結婚しても、出産してもその強さは変わらず、逆にもっと強くなった気がします。

その活躍の裏側で、荒木絵里香さんの離婚の噂が出ています。

その真相は全く離婚などありえません

どこからそんな噂になったのか知りたいくらいです。

二人はリオ五輪の最終予選には応援席に駆けつけるなど、スポーツ界ではおしどり夫婦として有名ですよね。

四宮洋平さんは荒木絵里香選手の復活の為に、率先的に子育てや荒木絵里香選手のサポートをしています。

いわゆる裏方役をやっているのです。

なので表には全く出てこない感じなんですね。

引用:荒木絵里香が旦那と離婚?現在の夫婦仲は?子供(娘)と誓う東京五輪

荒木絵里香選手がしっかりとバレーに打ち込めるのは、夫の四宮洋平さんの支えがあってからこそなんですね。

スポーツ選手ってスポーツ中はすごい精神力があるように見えますが、私生活とかだと結構脆かったりするので、荒木絵里香選手がもしも離婚などをしていたら、今みたいに良い状態でプレーはできないと思います。

引用:荒木絵里香(女子バレー)のでき婚の旦那は誰で子供の画像は?現在は離婚の危機って本当?

荒木絵里香さんにとっては、夫の四宮洋平さん無くして今の現役復帰はあり得ないことだったのかもしれません。

どこから離婚の二文字が出てくるのか、さっぱり分かりませんが、有名人が結婚すれば次の日には離婚の話題を出してくるマスコミですから、あることないこと書かれるのは有名人の宿命なのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする