妃鳳こころには娘がいるの?土屋アンナが降板した舞台で主演?

今回は東京都出身の女優、妃鳳こころ(ひほう こころ)さんについてまとめてみました。

妃鳳こころには娘がいるの?

妃鳳こころさんは舞台やCMで活躍する女優です。

以下、主な出演・活動です。

◇舞台
システィーナ歌舞伎『満月阿波噺 Le Mariage de Figaro フィガロ』 片岡愛之助主演(2014年2月)女之助

ABKAI2017 市川海老蔵主演 シアターコクーン (2017年6月)

◇テレビドラマ
テレビ東京 ウルトラマンジード 第9話(2017年9月2日) – 鳥羽スズミ 役

◇映画
ホペイロの憂鬱(2018年公開)

スポンサーリンク

◇CM・広告

ケンタッキーフライドチキン「骨無しチキン」かぶりつき篇A (2014年11月1日 -11月末 )

大鵬薬品 ソルマック「ソルマックダンス爽快」篇(2014年10月1日 -)

SEIKO時計 日本舞踊家役

Team Lab 広告

軽井沢プリンスホテル 広告

さて、妃鳳こころさんに娘はいるのでしょうか?

年齢も30代に突入して気になるのは、やはり結婚されているのかということでしょうか。

退団の時に、結婚や熱愛などの噂が上がってくるかとも思いましたが、結婚も、熱愛の情報もありませんでしたね。

どこをみても熱愛や結婚の噂もありませんでした

つまり、”娘はおろか結婚もしていない”という事です。

https://twitter.com/Hiho_kokoro/status/1118784473787539456

ちなみに、妃鳳こころさんの年齢なんですが、所属事務所のクィーンズアベニューには彼女のプロフィールが公表されていました。

生年月日 1980年3月7日/魚座
サイズ 身長161.5cm・B84cm・W59cm・H86cm・足24.5cm
血液型 A型
出身地 東京都
趣味 美しい写真、建物を観賞する事・舞台観劇
特技 コンテンポラリーダンス・日本舞踊(宗家藤間流)
資格 普通自動車免許

引用:妃鳳 こころ – クィーンズアベニュー公式サイト

現在39歳だと思います。

宝塚の人は”結婚が遅い傾向”にあると思いますので、これから結婚する可能性は十分あると思います。

妃鳳こころは元宝塚娘役?

https://twitter.com/Hiho_kokoro/status/1118784473787539456

妃鳳こころさんは最近になって少しずつ知名度が上がりだした女優さんですが、以前宝塚歌劇団に所属していたようです。

1998年4月、宝塚音楽学校入学。

2000年3月宝塚歌劇団86期生として入団。

花組「源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!」で初舞台

その後は月組娘役として活動を続け、2013年10月「ルパン-ARSENE LUPIN-/Fantastic Energy!」をもって宝塚歌劇団を退団

引用:りつこ

約14年間、月組の娘役として宝塚で活躍していたみたいですね。

ここ、日比谷の東京宝塚劇場で宝塚と出会いました。

ビヤクの様な不思議な力。

心を惹きつけてやまない宝塚。

激しい感情、研ぎ澄まされた感覚、すべて舞台のおかげです。

幸せに満ち溢れた今、感謝しかありません

限りある美しい時間・・・

14年間ありがとうございました!

引用:宝塚月組大千秋楽!退団・越乃リュウ、妃鳳こころ、紗那ゆずは『ルパン 』『Fantastic Energy!』トップスター・龍真咲

上記↑は宝塚を退団するときのスピーチですが、14年間の万感の思いが込み上げてきたのか、ファンの声援に感極まる場面もあったようです。

14年も演じた「娘役の数々の出来事」が、”その一瞬”で思い出されたのかもしれません。

<お客様からのかけ声>

ラストステージお疲れ様でした!

こころさんに出会えてサイコーに幸せです!

次のステージでも輝いて下さい!

14年間ありがとう!!

こころ「月組の娘役で育てて頂き、皆様のおかげです!

引用:宝塚月組大千秋楽!退団・越乃リュウ、妃鳳こころ、紗那ゆずは『ルパン 』『Fantastic Energy!』トップスター・龍真咲

宝塚のファンは暖かいですね。

妃鳳こころさんが”女優として”新しい舞台に出ても、しっかり応援してくれそうです。

妃鳳こころが土屋アンナが降板した舞台で主演?

妃鳳こころさんは、土屋アンナさんが降板した舞台で主演を務めたようです(2015年)。

舞台の名前は「誓い~奇跡のシンガー」で、稽古に参加せず公演が中止になったとして監督の甲斐智陽氏が、土屋アンナさんを相手取り「約3000万円の損害賠償」を求めて裁判に発展した、”いわくつきの舞台”です。

舞台監督の甲斐智陽氏(65)が約3000万円の損害賠償を求めた訴訟は、上告期限の9日までに甲斐氏側が上告せず土屋側の勝訴が確定した。

引用:土屋アンナ主演舞台「誓い~奇跡のシンガー」公演中止の真相

騒動の内容は長くなるので割愛しますが、裁判は土屋アンナさんの全面勝訴で終わったようです。

「誓い~奇跡のシンガー」はどうもトラブル続きの舞台で、妃鳳こころさんも途中で病気で降板したようです。

今回の公演(9月16~18日、東京・中野区野方区民ホール)は妃鳳が気管支炎で降板したため、同じ宝塚出身の麻樹ゆめみを起用するなどキャストを一新。

甲斐氏は「この舞台は魔物がついているのか、妃鳳さんが気管支炎のため降板したけれど、麻樹さんは歌がうまいし、期待してほしい」。

引用:甲斐智陽氏「ようやく…」土屋アンナと法廷直接対決

甲斐氏は息巻いていたようですが、舞台の評判は芳しくはなかったようです。

「誓い~奇跡のシンガー」は、妃鳳こころさんにとって「気管支炎」で降板することとなり、評判も芳しくなかった”散々な結果で終わったか舞台”かもしれません。

しかし、「土屋アンナ降板で訴訟に発展している舞台に”代わりに出た女優”」という事実が彼女の知名度を上げる事になったので、結果的には出演して良かったんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする