ほんこんの娘は芸人なの?画像は?嫁や現在について。

板尾創路さんと漫才コンビ130Rを組み、ツッコミ担当のほんこんさん。

よしもとブサイクランキングの3年連続1位になるなど、顔についてネタにされることも多いですが、そんなほんこんさんの娘さんと嫁について調べてみました。

ほんこんの娘は芸人なの?画像は?

「俺はこども3人おんねんけども、騒ぐんやったら車で移動する」とプライベートでの父親の顏も覗かせていた。

ほんこんさんには3人のこどもがいることは知られていますが、プライベートについては公開しないほんこんさん。

娘さんがいるのか、息子さんがいるのか、3人の子どもの性別も公表していません。

ほんこんさんの「娘さんで芸人」とくれば、想像するのはお笑いコンビ「尼神インター」の誠子さん。

ほんこんさんに似ているといじられています。

スポンサーリンク

本人もそれについに乗ってしまい、ほんこんさんに扮した姿をInstagramで公開したところ、本人と見間違うほどのクオリティーにファンから驚きの声があがります。

本当にこれはそっくりです。

ただ、ぶさいく芸人の称号ももつほんこんさん自身はあまり容姿でいじられることが好きではないそうです。

「ただ、ほんこんは容姿のイジりを嫌う理由として、『ネタも作ってんねん。実力もあるのにそんなイジり方せんとってほしいねん』『下手くそなイジり方する奴もおんねん』などと語り、あらかじめ準備した狙いのネタが脇に置かれてしまうという事情を力説しました。

“とりあえず顔をイジっておけばOK”と安易な手段を選ぶ一部芸人にもクギを刺したかったのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

ほんこんさんはお笑いや芸に対して、まじめな方のようです。

ほんこんが結婚した嫁はどんな人?

ほんこんさんはプライベートや家族のことを全く明かさないので、嫁の名前や年齢などは公表していません。

ニュースにもなっていないようなので、一般の女性かもしれません。

ただほんこんさんは面食いと言われているため、奥様は美人ではないかと噂されています。

ほんこんが篠原涼子にセクハラ!?

今では大女優の篠原涼子さんは90年代にはバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』に出演していました。

そのときのほんこんさんや東野さんの扱いがひどかったようです。

『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)にて、芸人のほんこんと一緒に篠原についてトーク。

今田は「コントの中で(篠原の)股間に顔埋めてます」、ほんこんは「俺もキスした」と語りながらも「ほんま、あの子な、ええ子やで」と大絶賛。

今田は「『あれ(ごっつ)があったから今の私がある』って。

普通、黒歴史やんか。大女優なのにさ」と話し、ほんこんも「会うて話しかけてきたら、みんな不思議がるもん、スタッフとかが」としみじみ語っていた。

時代が許していたのかもしれませんが、コントの中でキスして、ええ子やというのはセクハラどころではないですね。

スポンサーリンク

「篠原さんは『ごっつええ感じ』でキスどころか胸や下半身を触られたり、叩いたり突き飛ばされたりと散々で、当時は相当つらかったはず。

一時はそんな篠原さんの気持ちを忖度して、篠原さんへのイジリがひどかったダウンタウンや、無理やりキスなどしていたほんこんさんと共演しないよう配慮していた局もあったとか。

でも、篠原さん本人がサバサバしているため、そういったこともなくなったと聞きました」(テレビ局勤務)

自分は容姿をいじられることを嫌がり、容姿をいじるなら芸をみてほしいと言っている人がこれを芸というなら、ひどい話ですね。

相方の板尾さんも1994年に当時中学3年生の女子にわいせつな行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されたことがあります。

ほんこんは現在どうしてる?

ほんこんさんは最近あまりお笑い番組ではみかけなくなりました。

現在どうしているかというと、

みずからの“顔面イジり”も禁止したいとの姿勢を示した。

これには周囲も困惑させられ、司会のなるみが「(じゃあほんこんの顔については)なんて言ったらいいの?」と投げかけると、ほんこんは「そこは触れんとってほしい」とまさかの回答。

せいじからも「兄さん、そらあかんわ。視聴者も悲しむって」と突っ込まれている。

と容姿、顔のイジリについて苦言を呈したり、

韓国の慰安婦問題に、

「言いたいのは1965年の(日韓基本条約)、それしかないのよそもそも!」と声を荒げ、慰安婦問題は解決済みだと主張したのだ。

さらに、「日本はそういうふうなつもりで払ってんのちゃうって言っても、メディア通して世界には、日本が認めたってなる」と説明を続ける。

そして「これはいかがなものかな」と、不満をあらわにしていた。

と持論を力説したり、安倍総理のモリカケ問題のことに対して、

「野党の質問、おかしないですか!? (決裁文書の書き換えは)根底を揺るがすような事なのに、安倍さんを叩いて政権を崩そう、崩そうばかり考えてる。

本来のこと(文書改竄の問題点)を何も言ってないやん。

安倍さんがああいう関与をしてた、嫁さん(昭恵夫人)は関与してた云々ばかり言うてる。

民主主義や議会内閣制の根底が崩れてることをいっこも言うてないやん、野党は!」と怒りをあらわにまくし立てたのである。

とお笑いの世界から、コメンテーターに仕事の幅を広げています。

ほんこんさんの娘さんと奥様についてはほとんど情報がありませんでしたが、ほんこんさんの最近の活動や言動を中心に紹介しました。

ダウンタウンといっしょにテレビを沸かせてきた90年代のハラスメントで笑わすような時代から、現在ではほんこんさんは社会に対してや、政治的なコメントも発するように様変わりしています。

相方の板尾さんがドラマなど役者としての活動が増えている中で、さらにこの先どういう方向に進まれるかわかりませんが、本当に娘さんがお笑いの世界に入ったりするかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする