勝谷誠彦には娘がいるの?大学は慶応?病気なの?病名を公表した?

コラムニストの勝谷誠彦さんの娘さんについてまとめます!

勝谷誠彦さんの出身大学は慶応なのでしょうか?

そして劇症肝炎という病名を発表した勝谷誠彦さん。

その原因は何だったのでしょうか?

勝谷誠彦には娘がいるの?

辛口コメンテーターとしても活躍する勝谷誠彦さん。

そのプライベートが実に気になりますが、勝谷誠彦さんは結婚歴と離婚歴がありました

最近では作家の甲賀瑞穂さんとの事実婚を公表されました

では、前の奥様との間に子供はいらっしゃらなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

それに関しては勝谷誠彦さんご自身も積極的に公表していませんので、子供の有無、娘なのか息子なのかなどの詳しい情報は分かりませんでした。

プライベートの勝谷誠彦さんが、テレビでお見掛けするように短期で過激なまんま家庭にいるとしたら、娘さんなら爆発して反抗期なんかもあったかもしれません。

もしくはその逆で、家庭では穏やかな性格だったなら、娘さんもお父さん大好き!みたいな関係性が築けているのかもしれません。

ただ、離婚していると言う点では、夫としても父親としても何か欠如していたのかもしれません。

勝谷誠彦の大学は慶応?

勝谷誠彦さんは医者の子供として生まれたので、だいぶ躾や勉強には厳しい環境で育ってきたようです。

ですから、その分、とても優秀で、中学は名門灘中学に入学し、灘高校にそのまま進学し生徒会長まで務めました。

ただ、優秀だったはずが、中学、高校と上には上がたくさんいたようで、「最初から最後まで下から3番目の成績だった」と振り返っています。

大学受験では、現役時に筑波大学医学専門学群の受験に失敗している。

翌年には東京大学文科Ⅲ類に不合格となるも、早稲田大学第一文学部に合格

さらに翌年、筑波大学医学専門学群に再挑戦するも不合格となった。

慶応の法科にも受かったが、勝手に早稲田への進学を決めてしまったため、親に仕送りを打ち切られて、家庭教師や土方などのアルバイトで自活。

出てくる大学が全て一流の凄い大学ばかりで、高レベルでの成功だったり失敗だったりして、一般人としてはいささか気後れしてしまいそうですが、結局、勝谷誠彦さんは早稲田大学で学んだということです。

勝谷誠彦さんには早稲田大学を選んだ理由がありました

それは、小説家志望だったので、早稲田の文芸専修で学びたかったからです

スポンサーリンク

勝谷誠彦の病名公表で病気が発覚?

そういえば最近、勝谷誠彦さんをお見掛けしていないな、、、と思っていたら、病気をしていたのですね。

初めは病名は公表していなかったようです。

勝谷さんが公式サイトで毎朝配信しているコラム「勝谷誠彦の××な日々。」で、発行人の高橋茂さんが「勝谷誠彦入院す。初の休筆、申し訳ありません。」と発表しました。

高橋さんによると勝谷さんは2018年8月22日に病院で診療を受け、そのまま入院となったそうです。

また、「現在集中治療室に入っている」ことも明かしています。

これは結構重症なんだな、と思わせる情報ですよね。

勝谷誠彦さん自身もコラムで「激痛と膨満感で3分も座っていられない」と明かしていました。

単なる好奇心ではなく、いよいよ勝谷誠彦さんの病状が気になりました。

あれだけテレビで自由に発言していた人が病気に侵されると、大人しくなったり弱弱しくなったりする姿を見たくないからです。

勝谷誠彦の病気は劇症肝炎なの?

勝谷誠彦さんが腹痛を訴えて入院したのが2018年8月21日のことでした。

当初、勝谷誠彦さんの病名は公表されていませんでしたが、集中治療室に入ったことからかなり悪いのでは?と噂されていました。

その勝谷誠彦さんの病名が「劇症肝炎」だったことが分かりました。

腹痛を訴えて緊急入院した時には担当医から「肝炎劇症」「1ヶ月生存できる可能性は50%くらい」とげられたという。

マネージャーも「医師からは身内の方を呼んでほしいと言われました」と予断を許さない状況だったと語った。

「劇症肝炎」とは一体どんな病気なのでしょうか?

別名「急性肝不全」とも呼ぶようなので、簡単にまとめてみました。

肝臓は身体に必要な物質を合成し、薬物や身体に有害となる物質を解毒して排泄するなど、生命活動にとって重要な役割を担っています。

肝臓の中でこれらの働きを担う肝細胞が急激に大量に壊れることによって、その機能が低下していく病気が劇症肝炎です。

話しによれば勝谷誠彦さんはかなりお酒が好きなようで、約40年間ずっと休肝日をなしで飲み続けてきたそうです。

それが、この年になってかなり身体に負担をかけていたことを、病気が知らせてくれたというわけです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする