風間杜夫の娘は宝塚なの?若い時がかっこいい!現在について。

俳優の風間杜夫さんの娘さん情報を発信!

娘さんは宝塚に入っているという噂も検証します。

風間杜夫さんの若い頃を振り返り、現在に至るまで歴史を見て行きましょう!

風間杜夫には娘がいるの?

風間杜夫さんと言えば世代的にはやはり「スチュワーデス物語」のイメージが強いです。

ドラマでもモテモテの役でしたが、私生活でも随分モテてきたことでしょう。

そんな風間杜夫さんは25歳の時に結婚しました。

男性にしては早い結婚ですよね。

奥様については一般人女性ということで、情報は公表されていません。

スポンサーリンク

そして、娘さんと息子さんに恵まれました

しかも息子さんはジャニーズの「風間俊介」さんではないかと噂されたこともあったんです。

もちろん「苗字が同じだけ」で全く血縁関係はありません。

そんなことで息子さんがフューチャーされてきましたが、娘さんについてはどうなのでしょう。

娘さんは「住田未歩」さんというお名前で、大学では「フランス文学」を専攻し、卒業後にはフランス語の通訳のお仕事をされているとか。

優秀なんですね。

娘さんももうすでに結婚されて2人の子供がいらっしゃるようです。

風間杜夫さんも67歳ですから、お孫さんがいてもおかしくない年齢になったんですね。

風間杜夫の娘が宝塚に入っていると噂された理由

風間杜夫さんの娘さんが宝塚に入っていると噂されたことがありました。

それに関してどうしてそんな噂が流れたのか調べたのですが、分からなかったんです。

もしかしたら、娘さんが熱狂的な宝塚のファンだったのか?

もしかしたら、娘さんが一時期本気で宝塚を目指していたのか?

もしかしたら、娘さんと同姓同名の方が宝塚に入団しているのか?

などなど仮説を立ててみましたが、どちらにせよ娘さんが宝塚に入っている事実はありません。

風間杜夫の若い時の写真がかっこいいと話題

あまり知られていませんが、風間杜夫さんは子役から活躍されていました。

1957年、風間杜夫さんが8歳の時に児童劇団「東童」に入団しました。

すぐに、子役として頭角を表され、名だたる映画監督の作品に次々と出演。

また、少年雑誌の表紙を飾られるなど、瞬く間に人気子役となられ、小学5年生の時には、映画の撮影で、まったく小学校に通うことが、できなかったほどだったとか。

スポンサーリンク

若い頃すぎるかもしれませんが、子役時代の風間杜夫さんの画像がコチラ。

ただ、子役は大成しないというジンクスから、13歳で劇団を退団しました。

その後、中学、高校は演劇部に所属し演劇を続けていました。

大学進学後は、劇団「自由舞台」に入団し、本格的に演劇活動を再開されたのでした。

そして、大学中退後の1971年には、劇団「表現劇場」を旗揚げされ、舞台を中心に活動されています。

そして、これは外せない風間杜夫さんの過去ですが、日活ロマンポルノに多く出演していました。

1974年に「勝海舟」でテレビドラマデビューを果たしてからは、王道の俳優としての道を歩き続けてきました

その頃の画像がコチラ。

1982年には人生のターニングポイントとなったつかこうへいさんの舞台「鎌田行進曲」で主役を演じ、1983年に映画化された「鎌田行進曲」でも主役を演じたことでたちまち人気者になりました。

その時の画像がコチラ。

そして、冒頭でも少し触れましたが、風間杜夫さんの人気を不動にしたのが、その当時アイドルとして人気だった堀ちえみさんとのドラマ「スチュワーデス物語」の教官役でした。

演技が下手だった堀ちえみさんと、大袈裟な演技だった風間杜夫さんのタッグが多いに世間に受けたのです。

風間杜夫は現在どうしてる?

風間杜夫さんは実は「落語家」としても活動しています。

現在も「独演会」を開催されて、精力的に活躍しています。

それと共に「ひとり芝居」なども行っていて、2010年には紫綬褒章を受章しています

現在もバリバリの現役俳優として活動していますが、その一方で3人のお孫さんにデレデレだというエピソードも。

去年の10月に孫が生まれまして、娘が生んだんですが女の子です。

そして年明けに息子にも男の子が生まれまして、いっぺんに2人の孫に囲まれているんです。

その女の子が異常に可愛くて(笑)。

まだ半年なんですけど顔が整っていて、ビジュアル的に完成度が高いんです。

よく「孫は可愛く思えるものだから」とか言われるんですが、そんなもんじゃないんです。

じじバカ全開ですね。

あの二枚俳優の風間杜夫さんも、孫には弱いようです。

そこまで絶賛するビジュアルの高いお孫さんが、芸能人になったりしたら共演とかもあり得るのですかね

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする