木村祐一の娘の名前や韓国人の噂について。 松本人志とは仲良し?

お笑いタレントの木村祐一さんの娘さんについてご紹介!

韓国人という噂にも言及します。

木村祐一さんと松本人志さんの仲はどんな感じなのでしょうか?

木村祐一の娘の名前は?

木村祐一さんと言えば「キム兄」の愛称で親しまれ、お笑いタレントでありながらも俳優や放送作家の分野でも活躍しているマルチタレントです。

ただ、私生活の方では3回の離婚を経験し、現在、西方凌さんと4回目の結婚をされています。

そして2016年11月29日、木村祐一さんと西方凌さんの間に娘さんが誕生しました。

不妊治療をして授かったお子さんですから、嬉しさと幸せもひとしおですね。

木村祐一さんにとっては初めてのお子さんなのかと思っていましたが、2回目の奥さんとの間にもお子さんがいらっしゃるそうなので、かなり久しぶりの感覚なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

50歳を過ぎてからの子供は特に可愛いとよく聞きますので、木村祐一さんもイクメンぶりを発揮しているのでは?

よくよく調べてみましたら、2回目の奥さんとの間に長女が誕生していますが、その娘さんは2014年に子供を産んでいます。

つまり、木村祐一さんはすでにおいじちゃんになっていたのです。

と、いう事は、西方凌さんとの子供は孫より年下ということになりますね。

ある日の木村祐一さんのInstagramにはこんな風に娘さんとの生活を綴っていました。

新江ノ島水族館に行ってきました。青い世界、どんな風に感じたかな。

いろんなところへ一緒に行こうね。

最近、成長がとても早くて、一日一日娘の姿を、見逃さない様にと必死です。

ちょっと前、自分に余裕がない時があって、スクールに通わせることを考えていました。

でも自分の気持ちに余裕がないからだ、と気付いたおかげで、今ではスクールなんて勿体無くて。

一日でも、少しでも一緒に居たくて。

そう思ったら『昨日出来なかった事が今日は出来る』がたくさんあることにも気が付きました。

それからはもう、かーちゃんは娘の成長についていくのに必死です。

一昨日は「あっぷ(っぷ)」が出来るよう様になって、昨日は「ワンワン」のベビーサインが出来る様になって、今日は下の3本目の歯が、薄っす~らと見えてきました。

嬉しいけど、なんだか寂しくもあり、もう少し、ゆっくりでもいいのよーと思うけど、娘のペースについていこう。

早い時も、ゆっくりな時も。

明日は何が出来る様になるのかな。楽しみだな。

子育てほど面白い仕事はないと言います。

今しか味わえない子育てを楽しむことが出来ていて、愛情がしっかり伝わってきました。

スポンサーリンク

木村祐一は在日韓国人なの?

木村祐一さんは在日韓国人なのでは?という噂が出ていますが、それは本当なのでしょうか?

在日に冷たい日本人は、何かあるとすぐに「あちらの国の方?」という言い方をしますが、それほど日本には在日韓国人が多いということらしいです。

ただ、木村祐一さんに関してはその苗字が「木村」だから、「キム」という部分だけで在日なのでは?と勝手に言われているようです。

それと、あの顔立ちが「あちらの国の方」らしいのですが、それは偏見な見方をしたらそうなるというレベルのものです。

木村祐一と松本人志は仲良しなの?

木村祐一さんは明石家さんまさんからも「キム兄」と呼ばれ、その「キム兄」という呼び名から上下関係がはっきりと分かりません。

そこで、少し整理してみます。

木村祐一さんは、ダウンタウンさん、今田耕司さん、ほんこんさん、板尾創路さんより年は上なのですが、後輩にあたります。

こんなエピソードがあります。

浜田雅功と初対面の際、浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。

東野幸治とは正確には東野のほうが先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。

木村祐一さんと松本人志さんの関係は年上だけど後輩という関係だということが分かりましたが、松本人志さんは木村祐一さんをどのように評価しているのでしょうか?

多くの若手からベテラン芸人が、松本人志さんに認められたら一人前、浜田雅功さんに頭を叩かれたら売れる、といった伝説が持っているだけに、その言葉が気になります。

松本人志に「俺のために生まれてきたような男」「何回人生やってきたんや」と言わせるほど松本に対してはよく気がまわり、器用で芸人ばなれした知識と行動力を持つが反面、自分が出来るという自負ゆえか出来ない後輩には非常に厳しく、後輩からは怖い先輩として恐れられてもいる。

だが、時にはズレた所で怒ることがあり苦笑する場合もある、と松本が語った。

松本グループでのその母親的な面倒見と気遣い、料理の腕などから今田・東野らからは「松本人志の嫁」、高須光聖からは「松本の第一夫人」とからかわれる。

松本人志さんからここまで言われる芸人さんは他にいないのではないでしょうか?

それだけ木村祐一さんの優れた適応能力だったり、空気が読める力だったり、賢い部分がたくさんあるということでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする