北川悦吏子の娘の名前は?フィギュアスケートをしてるの?写真家との噂も?

北村悦吏子さんの娘さんとは、一体どんな方なのでしょうか。

何をしている方なのかが話題となっているようです。

そんな北村さんの娘さんの話題についてまとめました!

北川悦吏子の娘の名前は?

北村さんの娘さんの名前は何というのでしょうか。

1993年に結婚して1997年に娘の埜々香(ののか)を出産しています。

娘さんは無事に高校を卒業してお母さまと同じ早稲田大学に入学したようです。

娘の現在の年齢は20歳です。

20歳なので彼氏はいるのでしょうかね

娘さんの名前は埜々香(ののか)さんで、高校は都立小山台高校を卒業しています。

スポンサーリンク

早稲田大学に入学って娘さんも頭良いのですね!

娘さんの将来が楽しみです♪

娘さんは埜々香(ののか)さんというようですね。

現在はもう成人しているようです。

結婚した後4年後1997年に長女の埜々香(ののか)を出産しています。

娘の出身高校が都立小山台高校といわれており、ブラスバンドが有名な高校だそうですね。

現在大学生になっている年齢ですが、母親と同じ早稲田大学に通っているといわれています。

娘とも一緒にでかけて高校見学をしたりとか、仲のよい母娘みたいです。

娘さんが幼い頃の画像がこちらです。

親子の仲が良いのはいいことですよね。

北川悦吏子の娘はフィギュアスケートをしてるの?

娘さんがフィギュアスケートをしていると噂になっているようです。

なんでフィギュアスケート?と思ったら脚本家の娘がやってたんだね。

長女が(金のかかるスポーツとして有名な)フィギュアスケートを習いたがったことがきっかけで再び上京するも勤めた会社が倒産した。

鈴愛の半生は、朝ドラらしからぬどんでん返しの連続だ。

調べてみたところ、どうやら娘さんがやっていたという話題はあるようですが、真相は残念ながら分からないようです。

もしかしたらフィギュアスケートをしていたのかもしれませんね。

ドラマの着想は自身の体験に基づく。

連続ドラマ「半分、青い」は北川さん自身に基づくという話もあるようです。

ドラマ中で娘がフィギュアスケートをやりたがったという場面があるようなので、娘さんがやっている可能性もありますね。

北川悦吏子の娘は写真家との噂も?

娘さんが写真家であるという噂もあるようです。

ブロードビーン】ブロードビーンは、またの名を「あさぎそら豆」という名前で活動する女性写真家

作家(脚本家)北川悦吏子さんの写真詩集「恋をしていた。」の写真を担当しています。

つまりは、北川さんの娘さんです。

…って オイオイ、まじめに調べてまったがね。

萩尾家のシーンで唐突に出てきたブロードビーンの写真。

何で出てくるのか、何がいいのか、何の意味があるのかさっぱりわからなかったが、脚本家の娘の写真の宣伝だったのか。

こりゃ無茶苦茶ですがな。

2人の友情が微笑ましく、泣いてくれる友人がいることがどんなに素敵か、さすがベテラン2人の演技。引き込まれます。

ただし、弥一(谷原章介)が壁の写真を見ていて、律(佐藤健)が「ブロードビーンいいよね」発言。

誰?有名なの?と視聴者騒然。

スポンサーリンク

「半分。青い」のドラマ作中に、ブロードビーンという写真家の写真が出てくるようです。

そのブロードビーンが、北川さんの娘さんであるという可能性が高いようです。

ブロードビーンは、インスタもやっているようです。

リンク先のインスタに飛ぶと、「ブロードビーン あさぎ空豆」と自己紹介文があります。

そら豆を英語でいうとBroad Beans なのですね。

「あさぎそら豆」というのは脚本・北川悦吏子氏の娘のようです。

インスタグラムもあるようなので、チェックしてみたいですよね!

北川悦吏子と娘の関係を描いたドラマ「半分、青い」について

「半分、青い」の脚本家である北村さんですが、ドラマについて話題になっているようです。

朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本家を務めていて、話題の北川悦吏子さん。

これまで恋愛ドラマ中心に、様々な番組の脚本家を務め、話題になってきましたね。

「ロングバケーション」(1996年)、「ビューティフルライフ」(2000年)などのヒットドラマを手がけ、今回、朝ドラに初めて挑んだ。

高度成長期の終わりからバブル期を経て、日本が失速する時代を背景に、1971年岐阜県生まれのヒロイン鈴愛(すずめ、永野芽郁〈めい〉)の0歳から40代までを描いた。

鈴愛は9歳で左耳の聴力を失い、漫画家になる夢や結婚生活が破れるなど、人生の挫折を何度も味わう。

猪突(ちょとつ)猛進型でマイペース。

どこかちゃっかりもしていて、ふてぶてしさもある。

従来の朝ドラの枠に収まらないヒロイン像だ。

ドラマの着想は自身の体験に基づく。2012年、聴神経腫瘍(しゅよう)で、左耳を失聴した

企画をNHKに持ち込んだ。

が、長丁場の朝ドラに挑むには失聴とは別の体力的な問題があった。

もともと腎臓に持病があったうえ、99年、難病の炎症性腸疾患を発病。

痛みに苦しむ闘病生活が続いた。

09年、大腸全摘の手術を受け、激痛で七転八倒する入院生活を3カ月間送った。

今も病気の恐怖と向き合う。

「半分、青い」は自身の病気の体験を基に書かれているようです。

脚本家の北川悦吏子氏が2日、ツイッターを更新し、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の1日放送回で、離婚を切り出された鈴愛(永野芽郁)が涼次(間宮祥太朗)に「死んでくれ」と言い放ったセリフについて、自身の体験をつづり、セリフが生み出された背景をつぶやいた。

1日放送の「半分、青い。」では娘の5歳の誕生日に、映画制作に集中したいという夢を理由に、「家族は邪魔」とまで言い放って離婚を切り出した涼次に、鈴愛は「死んでくれ」と言い放つ。

このセリフにネットでは賛否両論が渦巻いたが、北川氏もツイッターでセリフが生み出された背景をつぶやいた。

「私の回りの、本物のクリエーターたちは、やはり、家族を持つことが出来なかったんです」と北川氏の周囲にも、涼次化した人たちがいると明かし、「それは、どうしてか、っていうと、『孤独』で『ひとり』でないと、立ち上がらないものがある、と私なんかは思います」と持論を展開。

そして「この一年半、私は家族を捨ててたのも同然です。

何も関知しなかった。そうじゃないと書けなかった。

このハンパな私ですら、そうなんです」と、北川氏自身も、事実上、家族を捨てたような状態で「半分、青い。」の執筆を続けたと吐露

「友人の脚本家もやはり、別居しました」ともつづり、「物を創るって、隣にいる人からしたら、『罪』なんだ、と思っています。

そしてその本人も辛い。創るだけでつらい」と本音を明かしていた。

脚本を執筆当時の話題のようですが、家族を捨てるような状態になりながら、執筆を行っていたようです。

それくらい、自身の病気と闘いながらの執筆は大変だったのでしょうね。

作中に娘さんに関連する話題が出てくることから、執筆中でも娘さんや家族のことを想っていることがうかがえますよね。

これからも家族仲良く暮らしてもらいたいですよね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする