北野武の娘の名前は北野井子で歌手。画像あり!現在について

世界の北野としても知られる北野武さんの娘・北野井子さんについてまとめました!

娘がアナウンサーという噂の真相にも迫ります!

北野武の娘の名前は北野井子。画像は?

北野武さんの娘さんは1982年10月5日生まれで、お名前を「北野井子(しょうこ)」さんといいます。

現在は36歳になられています。

北野武さんの娘・北野井子さんは1997年にたけしさんの映画「HANA-BI」に出演して芸能界デビューしました。

そして後で詳しく触れますが、1998年6月に歌手デビューしました。

当時の井子さんの画像がコチラです。

スポンサーリンク

写真の撮り方がこうだからかもしれませんが、いい意味で意思が強そうで、悪い意味で気が強そうな眼差しです。

北野武の娘・北野井子は歌手?

北野武さんの娘・北野井子さんは1998年6月、X JAPANのYOSHIKIさんプロデュース・楽曲提供で「Begin」という曲で歌手デビューしました。

この曲は13万枚のスマッシュヒットとなり、話題性も十分ありました。

プロモーションビデオはたけしさん監督で撮影したことでも話題になりました。

ですが、振り返ってみますと、あまりにも強引な売り方だったと思います。

たけしさんの力を120%使ったゴリ押しも甚だしいという感じだった記憶があります。

YOSHIKIさんの曲なので曲は良かったですが、案の定、この1曲で北野井子さんは消えました。

当時、音楽番組にもたくさん出ていましたし、異常な特別扱いでした。

当時北野井子さんがインタビューで「どうして歌手になったの?」と聞かれ、「唯一お父さんがトップをとっていない分野だったから」と言っていたのが印象的でした。

確かにたけしさん、漫才師として、映画監督として、役者としてトップをとってきましたよね。

ですが、井子さんも随分中途半端に投げ出したな、という印象がありました。

ただ、もっと深く突きつめていくと、井子さんが芸能界入りしたのには、こんな裏事情があることが分かりました。

北野井子さんのデビューの経緯ですが、実は家庭の事情によるもの。

当時反抗期のまっただ中だった井子は母親との喧嘩が絶えず、しまいには母親に階段から蹴り落とされて流血騒ぎに。

呼び出された北野武さんは、このままだといつかどちらかが死ぬと思い、北野井子さんの環境を変えなくてはならないと考え、芸能界入りさせたそう。

それなら、井子さんが芸能活動が続かなかった理由も納得できます。

北野武の娘・北野井子の歌まとめ

先ほども申しましたが、北野井子さんのデビュー曲はYOSHIKIさんプロデュースの「Begin」という曲でした。

13万枚のスマッシュヒットとなり、その年に待望の2ndシングルもリリースしましたが、前作に比べて売り上げは大幅に落ち込みました。

それが現実です。

歌声は曲の関係もあったのかもしれませんが、低く太い声だった印象があります。

曲自体はカッコいい曲でしたよ。

そしてデビューからわずか1年で芸能活動を一時休業し、アメリカに留学しました。

芸能人の子供はすぐに留学という逃げ道があっていいですね。

北野武の妻で北野井子の母親は誰?

北野武さんの妻であり、井子さんの母である女性は、北野幹子さんという女性です。

幹子さんは元漫才師として活動していました。

そのデビューは、武庫川女子大学短期大学部在学中の1971年に、女子大生漫才師コンビ「ミキ&ヤワ」の「司ミキ」としてでした

当時、女子大生漫才師なんて珍しかったことでしょう。

スポンサーリンク

しかしながら、幹子さんの芸人生活は順調には行かなかったようで、芸名が渚ミキに変わるなど迷走をした挙げ句、「ミキ&ヤワ」も早々に解散をする羽目になりました。

その後は女性漫才コンビ「内海桂子・好江」の門下生となり、内海ミキとして再起を図ったりもした幹子さんでしたが、内海ミチさんと共に組んだ漫才コンビでもブレイクすることは出来ずに、以降はピン芸人として活動することになります。

そんな幹子さんとたけしさんの出会いは何だったのでしょうか?

2人の出会いは「大正テレビ寄席」という演芸番組で共演したことがきっかけだったそうです。

幹子さんは「大正テレビ寄席」のアシスタントをしていました。

その時、ツービートとして番組出演していたたけしさんと出会ったというわけです。

たけしさんが漫才ブームの前、売れてない頃は、幹子さんがスナックに働きに出て支えていたという時期もあったそうです。

幹子さんがたけしさんと別れないのは、正妻としてのプライドもあるかと思いますが、離婚しないことがたけしさんにとっては一番の罰だからではないでしょうか。

北野武の娘・北野井子の旦那は誰?

デビューからわずか1年で芸能界休業宣言をしてアメリカに留学した北野井子さんですが、2004年に結婚しています。

お相手は都内のレストランでイタリアンと日本料理の調理を手掛ける男性

つまりコックさん?シェフ?ということでしょうか。

取材を受けたたけしさんは、

「知らないうちに籍を入れてた。

相手がダンっていう名前しか知らない」「来年の春くらいじゃねえかな。

娘が生まれた時も、知らなかったくらいだから…」と淡々と話されました。

結婚と同時に妊娠6ヶ月であることも報告、井子さん変わっていませんね。

そして2005年3月9日、女の子を出産しました。

たけしさんにとっては初孫だったようですから、赤ちゃんを見てどう思ったのでしょうかね?

北野武の娘・北野井子に離婚の噂が?

ですが、結婚生活は長く続かず離婚してしまいます。

長女は井子さんが引き取り、現在ではたけしさんと養子縁組を組んでいるという状態です。

たけしさんも娘には甘いですよね~。

さんざん女遊びをしてきた後ろめたさを、娘さんとお孫さんを可愛がることで罪滅ぼししている感じがします。

北野武の娘・北野井子は今現在どうしてる?

たけしさんと言えば、少し前、事務所の独立問題で世間を騒がせました。

ずーっと娘の井子さんについては忘れていたようなものだったのですが、何でもその井子さんがこの独立問題でたけしさんに絶縁状を渡したという情報ありました。

「A子さんにのめりこんでいくたけしさんを、井子さんは『気持ち悪い』『顔も見たくない』と拒絶するようになりました。

たけしさんの長男が結婚したときも、結婚式にたけしさんは呼ばれなかったと聞いています。

井子さんは最終的に“絶縁状”を父親に手渡したそうです。

幹子夫人と井子さんは一枚岩ですから、2人の思いは同じでしょう」

そういう井子さんは現在何をしているのでしょうか?

井子さんは現在36歳。

長女をたけしさんの養子にしているのですから、子育てだけで時間を費やしているとは思えません。

何か仕事をされているのか、実家にそのまま住んで左団扇で暮らしているのか、その辺りは分かりませんでしたが、コツコツ地味な仕事をしているとは考えられません。

北野武の娘がアナウンサーの竹崎由佳と噂?

こちらが関西テレビの新人アナウンサー・竹崎由佳さんの画像でした。

この竹崎由佳さんがたけしさんの娘さんだと言われているのです。

確かに、たけしさんには長女、長男、次女と3人のお子さんがいらっしゃいます。

長女はここまでご紹介してきた北野井子さんですが、次女がこちらの竹崎由佳さんだと言われているその理由を探しました。

竹崎アナは、3歳から小学校6年まで子役として活動。

映画「血と骨」(2004年)では、主演・ビートたけし(68)の幼少期の娘を演じた。

当時のたけしの印象は「役柄的に近寄りがたいイメージがあった」というが「いつか、お笑いとしてのたけしさんとも共演してみたいです」と声を弾ませた。

つまり、たけしさんの「娘」ではなく、「娘役」をやったことで、娘と言われてしまったようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする