窪田等の娘や家族構成まとめ。創価学会の噂や経歴について。

みなさん『情熱大陸』はご存知でしょうか。

有名番組というだけではなく、学校の授業で見たという方も多いと思いますが、今回はその『情熱大陸』でナレーションを務めている窪田等さんとそのご家族について調べてみました。

窪田等には娘がいるの?

『情熱大陸』もさることながら、『トリビアの泉』や任天堂のCMも印象深く、テレビ以外の媒体でも頻繁に窪田等さんの声を聞きます。

明確で分かりやすい口調・過剰に主張しすぎない語り口・抜群の安定感といったナレーション技術に定評がある。

「彼の声を聞かない日はない」と言われるほど、あらゆるメディアでのオファーも多く「日本で最も忙しいナレーター」と言われている

多い場合で月に100本を超える仕事をこなしたこともある。

引用:http://www.wikiwand.com

スポンサーリンク

ナレーションのお仕事が主ですので、メディア出演することはほとんどありませんが、とにかくたくさんの番組でナレーションをされています。

そんな窪田等さんには娘さんがいらっしゃるみたいです。

残念ながら詳細な情報はありませんでしたが、窪田等さんは24歳で結婚され、26歳の頃に娘さんが誕生したそうです。

家でもあの落ち着いた声が聞こえてくるというのは少し羨ましいですね。

窪田等の家族構成について

この投稿をInstagramで見る

【窪田先生のナレーター特別講座!】 今日は、おナレーター 窪田 等 先生に 『ナレーションのコダワリ3つ』 を教えていただきました! 今日、教えていただいたコダワリは、 超貴重なナレーター講座さながらでした! ★その1…テンポ感や間の取り方 文章をどう表現したいのかがポイント。 台本を読み込んで、重要なポイントを確認して、 何を伝えたいのかで、間やテンポ感が変化させるそうです。 ★その2…作り手側の想いをどう表現するか? 映像の無いラジオの方が、状況や雰囲気を伝えないといけないので、 感情を入れて読むことが多いそうです。 BGMがある場合は、軽快に読んでみるとか。 ★その3…伝える側の距離感 視聴者や聞いている相手への距離感を考えます。 内容(ドキュメンタリー、バラエティ等)、OA時間等で、違いがあります。 聴いている相手を意識すること。 日中であれば、大勢に伝えるから「遠い」イメージ。 深夜であれば、少人数で聞いているだろうから「近い」イメージ。 窪田 先生、ありがとうございました! #たかみな #高橋みなみ #これなに #tokyofm #radiko #小宮山雄飛 #窪田等 #ナレーター

スポンサーリンク

高橋みなみの「これから、何する?」さん(@korenanitfm)がシェアした投稿 –

窪田等さんに娘さんがいるらしいということが分かりました。

そうなると家族構成は?娘以外にもいるのか?と気になります。

窪田等さんの家族構成は、窪田等さん・妻・娘さんの3人家族のようです。

年収は?

ちなみに、超多忙な窪田等さんですが、年収はどのくらいなのでしょうか?

低収入と言われる声優業の仕事の中では、ナレーションの仕事はギャラが高い方だとされます。

新人でも、最低1回数万円はもらえるのです。

当然、ベテランであれば金額は多く、声優の育成をしているヒューマンアカデミーの発表によると、番組1回10万円が相場になるといいます。

結論を言えば、推定年収3000~4000万円以上だと考えられています。

ただ声がいいだけではなく、原稿の理解力が速く、ミスも少なく、イントネーションも的確で、業界人が聞くと圧倒的に実力が高くて驚くそうです。

引用:https://hgrmtl.com

凄く稼いでいるように思いますが、ひと月に100本もの仕事をこなしたことを考えると納得ですね。

窪田等は創価学会のメンバーなの?

出典:http://www.tvlife.jp

窪田等さんは創価学会のメンバーなのでは?との噂がありました。

芸能人は何かあればすぐ創価学会だからと根も葉もない噂を立てられがちですね。

499 :声の出演:名無しさん:2008/11/26(水) 16:35:37

窪田等も創価学会員が藤川ゆりのDVDのナレーター。
担当している彼がわからないけどね。

引用:https://changi.5ch.net

これについて調べてみましたが、ソースがにちゃんねるの掲示板にしかなく、またこの方だけが言っているようですので、確証はありませんでした。

創価学会員である可能性はほとんど0なのではないでしょうか。

窪田等の経歴について

出典:http://www.tvlife.jp

「日本で最も忙しいナレーター」こと窪田等さんですが、ナレーターとしての経歴は書ききれないほどあります。

初めに挙げた『情熱大陸』をはじめ、『世界ふしぎ発見』等の有名番組、また社会現象を起こした星野源さんの『恋』初回限定盤DVD『恋ビデオ』特別番組「ニセ明、石垣島へ行く」でナレーションを務めたり、少しですがアニメでの声優経験もありました。

日本一高いビル「あべのハルカス」のエレベーター音声ガイド・店内開店閉店案内のナレーションも、窪田等さんがされているそうです。

ビルとナレーター日本一同士のタッグですね!

ナレーターを志したきっかけ

出典:https://robotstart.info

そもそも、どうして窪田等さんはナレーターという職業に就こうと思ったのでしょうか?

窪田等さんは高校を卒業されてから、富士通で働いていたそうです。

ある日マレーシアへ転勤するという話が持ち上がったそうです。

上司によるとマレーシアに行ったら最低でも3年間は帰ってこられないということでした。

仕事は好きだけど、3年間は長いよな、どうしようかなと悩んでいたちょうどそのとき、たまたま通勤で乗っていた東横線の電車の中で「CMナレーター養成講座 受講生募集」という吊り広告がぽんと目に入ったんです。

その瞬間、おもしろそうだなと思いました。

高校時代に放送部でラジオ番組を作ってたことを思い出してね。

引用:http://www.jinzai-bank.net

放送部に入っていたのも、特に将来声の仕事がしたかったというわけではなく、機械をいじるのが好きだったため、裏方が出来たら楽しそうだなと思ったからだそうですが、その経験を思い出し、今度はナレーターに興味を持ったみたいです。

そうして1年ほどのカリキュラムを終えた頃には、お仕事が入るようになってきたと言います。

しばらくは富士通でのサラリーマンとナレーターとしての活動で二足のわらじ状態だったのですが、「ナレーターとしてのお仕事をもっとしたい」と思うようになり、会社に辞表を出したそうです。

たとえていうなら、目の前に大きな川が流れている。

自分の本当にやりたいことはこの川の向こう岸にあるような気がする。

頑張れば越えられそうな気がするけど、この川の深さは分からない。

もし跳び越えようとして落ちて、すごく深かったらそのまま沈んでしまうかもしれない。

だけどいつまでも考えていてもしょうがない。

そこで川の深さを測って深いとわかっちゃうと、怖くてもう跳び越えられない。

だから川の深さを測らずに行っちゃえ。

ダメだったらダメでいいじゃないか。

まだ若いんだから、やり直せばいいじゃないか。

だからとりあえずやりたい方をやってみようと。

引用:http://www.jinzai-bank.net

サラリーマンとして安定した生活を取るか、自分のしたいことをするか天秤にかけた結果、自分のしたい方を優先し、見事成功をおさめたそうです。

出典:http://www.jinzai-bank.net

もし高校時代に放送部に入っていなかったら、中吊り広告を見落としていたら、生活の安定をとっていたら、奇跡の連続で私たちはいま窪田等さんの声を聞くことができるのですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする