森山泰行監督の娘&家族構成。現在はどうしてる?

サッカー元日本代表の森山選手についてまとめましたので、ぜひご覧ください。

森山泰行の経歴やプロフィール

生年月日 1969年5月1日

出身地 岐阜県岐阜市

引用:岐阜県出身(生まれ)の有名人・芸能人・歌手・声優等の一覧

岐阜県岐阜市で生まれ、中学生時代には全国大会3位を経験します。

サッカーの名門の帝京高校に進学されます。

中学生までは自身のプレースタイルは自ら持ち込み、自らゴールを決めるという自分中心のスタイルでしたが、高校で様々な方との出会いを通じ、自分中心のプレーから周りの選手を活かすプレースタイルに変更します。

スポンサーリンク

順天堂大学に進学し、2年生からレギュラーに定着を果たします。

3年生のときには関東大学リーグ得点王、4年生の春休みにはウルグアイのプログレッソへの留学を経験します。

大学を卒業後、名古屋グランパスエイトへの入団を果たし、途中出場ながら高い得点率を誇ったためスーパーサブとして大活躍します。

94年シーズンから3シーズン連続で二桁得点を記録や、95年シーズンには8分間でハットトリックを達成と、主力選手として活躍します。

98年にスロベニア・リーグ強豪のヒット・ゴリツァに期限付き移籍を果たし、様々なチームとの契約をし、2001年から名古屋に復帰します。

しかし、04年シーズンには一旦現役を引退します。

しかし、2005年に森山さんの地元の岐阜県の東海社会人リーグの2部所属のFC岐阜が将来のJリーグ参入を目指す方向性と、

森山さんのかねてからの夢だった「現役を引退したら地元の岐阜でチームを立ち上げたい。そして、一人でも多くの子供たちに夢を与えたい」という考えが合意し、選手兼監督補佐という肩書きで現役復帰されます。

2008年にはJ2に加盟すると決定し、2008年シーズンに現役引退を発表します。

引退後は、サッカー解説者として活動したり、2014年には浦和学院高校サッカー部の監督に就任されたり、埼玉県を拠点とするジュニアユースクラブのCLUB GORICA(クラブゴリツァ)の代表を務めます。

森山泰行には娘さんがいるの?

元日本代表の森山さんですが、結婚されているのか?でしたり、お子さんはいらっしゃるのか確認してみました。

確認の結果…

「あゆみさん」というかたとご結婚されていて、娘さんが一人いらっしゃるようです。

娘さんも今後サッカーを始めるのでしょうか?楽しみですね!!

森山泰行の家族構成

家族構成なのですが、先ほど記述した通り、奥さん一人に娘さんが一人、いらっしゃるようです。

スポンサーリンク

森山泰行の現在について

元日本代表の森山選手なのですが、森山選手は現在は、サッカー解説をされていたり、浦和学院高校サッカー部の監督として指揮しています。

森山泰行は現在監督や解説者として活動中

前述した通り、サッカー解説をされていたり、浦和学院高校サッカー部の監督として指揮されています。

森山さんは浦和学院高校のサッカー部の生徒の皆さんに

最近私は、試合中はネガティブな考えをすることは最もダメだということを思っているので、そのため、なるべく私は選手に怒鳴ったりしてネガティブな雰囲気を作ることを避け、選手を元気づけるような前向きな言葉を掛けて、明るい雰囲気づくりを心掛けています。

世間一般的に、監督というのはサッカーが上手くならせるため、怒鳴ったりするのですが、私の考えは、サッカー選手として上手くなったり成長するための方法は選手たち自身が考えればいいと思っています。

私がすべきことは「どんなことにも動じない人間力」です。

人間は嫌なことがあると怒ってしまうものです。

しかし、怒ってしまうのは自分自身の問題でもあります。

選手には「私が言ったことが全く持って分からないのであれば、君の”らしさ”を出せばいい。責任は私がとる。私が支えてやるから」と言うようにしています。

私が初めて浦和学院の監督に就任したときは、非常に厳しい雰囲気の中での指導で、選手の中には嫌気がさした選手もいるかもしれません。

しかし、私はそれでは成長しないと思いました。

当時の私は選手のできない部分のみを見ていたため、ずっと怒鳴っていました。

しかし、目線を出来ない部分から出来る部分に目線を変えたら、「彼にはこんな才能があるのか」と新鮮な気持ち・考えを感じることが出来ました。

選手としての才能だけでなく、応援の仕方に才能を感じる選手がいました。

そういった「どんなに”選手”として劣っていたとしてもプレーだけじゃなくサポートをするなどといった才能は必ずある。」ということを理解するようになりました。

選手のサッカー選手としての才能だけを見るのではなく、人としての才能や個性を伸ばすのが一番重要だと感じています。

そういう考えを私がするようになると、選手たちは自然と安心してプレー出来るようになりました。

サッカーは、もちろんのこと人間が行なうスポーツですので、プレー云々よりも人間関係も良好であることも重要です。

以上のような気持ちで選手と向き合っているようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする