仲代達矢の娘・仲代奈緒や妻・母まとめ。現在死亡の噂も?

1972年生まれの87、身長178㎝仲代達矢さんは当時相当な男前だったのではないかと思います。

あまり知られていない波乱万丈な彼の人生、最愛のの事情…。

現在の仲代達矢が贈るメッセージをご紹介します。

仲代達矢の娘・仲代奈緒について

歳を重ねると人間性が顔ににじみ出てくるようになるという話がありますが…。

仲代達也さんはまさにそれを体現しているかのような方。

スポンサーリンク

頬がほんのりピンクがかり、ハリのある肌は日頃1日1日を大切に過ごしてきた証なのではないでしょうか…。

仲代さんには一人の娘さんがいます。

それは女優の仲代奈緒さん

引用:仲代達矢の若い頃と娘が似てない理由、無名塾の成立ちとは 

やはり娘さんはかなり美人な方ですね。

見た目ももちろん綺麗な方ですが・・・。

ですが、父親である仲代達矢さんの若い頃にはあまり似ていないですね。

これには明確な理由があります。

実は、奈緒さんは養子なのです。

それも、宮崎恭子さんのである、宮崎総子さんの子供になります。

実際、奈緒さんと総子さんはかなりよく似ています。

仲代達矢の若い頃と娘が似てない理由、無名塾の成立ちとは 

なるほど…。

仲代達也さんと娘さんの間には、そんな関係があったのですね!

出典:23回忌。

↑の画像の女性が娘さんの本当のお母さん。

仲代達也さんの奥様の妹さんです。

どうやらこれは実母である宮崎総子さんが夫であった山川建夫さんと離婚したことと関係があるようです。

もちろん、いくら旦那と離婚したといってもだから子供を手放そう、というのは理屈としてかなりおかしく感じます。

それも総子さんは売れっ子アナウンサーだったので、収入的に余裕がない、ということもなかったのです。

さらにその後もバリバリ働いていたところから察すると、結局、アナウンサー同士のできちゃった結婚で、結婚もしたくなかったし子供は欲しくなったのではないか、そして子供よりも仕事を優先したのではないかと捉えられてしまうのも無理もないのではないかと思います。

仲代達矢の若い頃と娘が似てない理由、無名塾の成立ちとは 

子供ができたけど欲しくなかった、だから仲代達也さんご夫婦が引き取った…。

たったそれだけの理由だとは思えませんが、とにかく仲代奈緒さんにとって愛してくれる両親ができて良かったのかもしれません。

仲代達矢の妻・宮崎恭子について

出典:宮崎恭子と仲代達矢 

若き頃の仲代達也さんと奥様の画像が↑です。

相思相愛なのが伝わってくるような1枚ですね。

1950年に「俳優座付属養成所」に入所し女優として活動されるも、俳優の仲代達矢さんと結婚後は、女優を引退し、脚本や演出に携わられた、宮崎恭子(みやざき やすこ)さん。

1975年には、仲代さんとともに、「無名塾」を設立し、若手俳優の育成に力を入れられました。

引用:宮崎恭子の死因は?夫の仲代達矢と無名塾を設立!子どもは?妹は宮崎総子!

仲代達也さんと結婚後は、女優を引退した奥様。

これだけ綺麗だった方ですから多少なりとも女優という職業に未練があったのではないでしょうか…。

出典:元アナウンサーの宮崎総子さん死去 「奥さま8時半」で司会

1945年には、東京大空襲により、お母さんと妹と、広島県の呉市にあった、伯父さんの家に疎開されたのでした。

(女子供のみの疎開で、成人男性であるお父さんは、東京に残られています。)

しかし、同年8月には、広島に原爆が投下され、(宮崎さんは、きのこ雲を見たそうですが、被爆されたかどうかは分かりませんでした。)

さらに、翌月の9月には、枕崎台風が呉を襲い、大洪水に。

宮崎さんの実家は、土石流で流されてしまったのでした。(宮崎さんも怪我を負われたそうです。)

ちなみに、宮崎さんは後に、7年かけて、「大切な人~私の家族が見た戦争~」という物語を出版。

引用:宮崎恭子の死因は?夫の仲代達矢と無名塾を設立!子どもは?妹は宮崎総子!

戦争原爆洪水…こんな大きな出来事が3回も彼女のことを襲っていたなんて…。

想像を絶するような状況です。

出典:大切な人

朗読劇としても上演され、戦争の陰に隠れて伝えられることのなかった、大洪水の体験を伝えられています。

引用:宮崎恭子の死因は?夫の仲代達矢と無名塾を設立!子どもは?妹は宮崎総子!

↑の1冊は戦争を実際に体験した人の心の声が書かれた国の宝です。

こういう本が未来を繋ぐメッセージになるんですよね。

スポンサーリンク

仲代達矢の母親はどんな人?

波乱万丈だったのは仲代達也さんの奥様だけではありませんでした。

東京市目黒区五本木生まれ。

父親は茨城県の農家出身で京成電鉄のバス運転手、母親は五反田小町と呼ばれた薬局の看板娘であった。

父の転勤により千葉県津田沼に移るが、小学校2年生の時に父親が死去し、東京都世田谷区瀬田に移り、用賀の小学校に転校。

やがて一家で青山の弁護士事務所の留守番をすることになったため、青山の青南小学校に転校するも、一家は極貧状態で弁当のおかずもなく、母親は教師から「ここはあなた方のような貧乏人が来る学校ではない」とののしられたという。

戦時中は母を青山に残したまま調布市仙川の寺に疎開。

1945年4月、小学校を卒業して青山に引き揚げると、母が住み込み先の弁護士のとなり、弟を産んでいた。

この弁護士が仲代母子のために渋谷に家を借りたのでここに住んだが、空襲に遭って世田谷区千歳烏山に移る。

引用:仲代 達矢 – わたしの里 美術館 

仲代達也さんが子供だった時代、を持つことはごく普通に行われていました。

それがまかり取っていた時代に生まれた子供も、もう60歳前後になっているはず。

当時は「私は妾の子だから」と引け目に思っていたという話を良く耳にしたことがあります。

弟さんは妾の子として生まれてきたかもしれませんが、兄弟がいなかった仲代達也さんはかなり嬉しかったのかもしれません。

仲代達矢は現在死亡・死去したの?

この投稿をInstagramで見る

#仲代達矢 今日は先輩が北京に訪問して、本当にうれしかったです。偉い俳優、ご長寿を祈ります。

Mutingさん(@32.517927)がシェアした投稿 –

失礼ながら死亡説が出ている仲代達也さん。

彼は現在も、もちろんご存命

妻を失った市川海老蔵さんになんとも温かいメッセージを送っていたことがあります。

俳優の仲代達矢が、27日にTwitterで発信した歌舞伎俳優の市川海老蔵への言葉が、「涙がでました」「気持ちが穏やかになりました」と注目を浴びている。

仲代は21年前に妻の宮崎恭子さんを膵臓がんのため亡くしており、今回のツイートはその宮崎さんへの思いをつづったものだった。

仲代は、27日に「私事で恐縮ですが今日は女房の命日です」とツイート。

そして仲代は続けて、「21年も経つのに未だに彼女に支えられて生きて居ります。

一体どれだけ先の事まで考えて逝ったのかと、感謝に加え年々お疲れさんという気持ちになって居ります」とコメント。

さらに「でもこう言う共存の仕方もある。海老蔵さんにも頑張ってもらいたいなと不意に思いました。陰ながら」と妻・小林麻央さんをがんで亡くした海老蔵に、仲代だからこそ寄せられるメッセージを送っていた。

仲代のツイートには、ファンからは「側にいなくても、ずっと支えられるというのは素敵なことですね」「文章読んでるだけで、涙出そうです」「とても温かくて素敵なメッセージだと感じました」という声が続々。

該当ツイートは投稿から約11時間で1万4,000件以上の「いいね」がつけられている。

引用:涙が…21年前に妻失った仲代達矢から海老蔵へのメッセージが話題

もし自分がパートナーを失なったら、それでもまだ支えられていると感謝することができるでしょうか…。

きっと私は独りぼっちになったことが寂しくて仕方がなくて。

こんなに強くはなれないと思います。

しかし仲代達也さんのメッセージを読んで、自分が先に行くかもしれないので、できるだけのことを残してあげたいなという気持ちになりました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする