中川家礼二の娘は中川奈名子?性格は暴力的で酒癖が悪い?

初代M-1チャンピオンで実力派兄弟漫才師の「中川家」。

その弟で、鉄道マニアとしても有名な中川家礼二さんの娘さんはどのような方なのかを調べていこうと思います。

娘さんがかわいくてしょうがないようですよ。

中川家礼二の娘は中川奈名子?

お父さんの中川家礼二さんは1972年大阪府出身。

芸人になる前は社会人を経験していて、トップの営業成績を取ったこともあるそうです。

漫才コンビを結成したのは1992年。

相方はお兄さんである中川剛さんです。

1995年に上方漫才大賞で新人賞以来、2001年のM-1グランプリや、2010年の上方お笑い大賞などの賞を受賞するほどの実力があるそうです。

スポンサーリンク

実は中川家礼二さんは、芸人になる前に一度結婚をしていました。

お相手は明らかにされていませんが、子供もできず、結婚生活もそれほど長く続かなかったといわれています。

2度目の結婚は2009年の4月。

お相手は、愛知県出身でピアノの先生をしていた愛子さんです。

この時に愛子さんのお腹の中には新しい命が宿っていて、中川家礼二さんの再婚は「授かり婚」ということになります。

中川家礼二さんの結婚式の様子はテレビ番組でも放映されていましたね。

すごくきれいなお嫁さんで、うらやましいくらいです。

2011年11月には、授かっていたお子さんが無事に生まれます。

生まれた女の子の名前は、お兄さんである剛さんをはじめテレビ番組内の出演者や有名な開運アドバイザーが相談して「奈名子」ちゃんに決めたのだそうです。

中川家礼二は娘・中川奈名子を溺愛?

「遅くにできた子供はかわいい」なんて言いますし、「親は異性の子供の方がかわいく思う」といった都市伝説がありますが、中川家礼二さんもガッツリそのタイプなようです。

娘の奈名子さんへの溺愛ぶりは相当なもので、2012年にトーク番組で娘デレデレ芸人」が企画されたときも出演し、一緒にいるときの様子が紹介されていました。

2018年に出演した別のトーク番組では、小学生に成長した奈名子さんと一緒に仲良く遊んだり、ふたりで中川家礼二さんの持ちネタをする様子が見られました。

ただ、中川家礼二さんが大好きな鉄道についていろいろ教えてみたのですが、奈名子さんは興味を示さなかったみたいで、共通の趣味を持つことはできなかったようです。

また、これから思春期を迎えて、父親に対して嫌悪感を抱いてくるので、中川家礼二さんはいつまで一緒に遊んでくれるか不安になっているそうです。

溺愛するほど娘がかわいい中川家礼二さんにとっては、とてもつらい時期になりそうですね。

中川家礼二の性格は暴力的?

中川家礼二さんが暴力的だと噂されることがあります。

スポンサーリンク

漫才では「ボケ」に対する「ツッコミ」として、頭をはたいたり胸を小突くことがありますので、それを端から見れば暴力とも取れなくはありません。

また、普段は落ち着いた雰囲気のある中川家礼二さんが、ある芸人さんの名前を出すと、延々とその芸人さんの悪口を言い続けることがあったそうです。

これぐらいなら、特に暴力的といわれることはなさそうですが、実は中川家礼二さんが一般の人に対して暴力をふるった事件があるというのです。

中川家礼二は酒に酔った勢いで女性の頭を殴ったの?

2003年の2月、中川家礼二さんは広島県の飲み屋さんで女性に暴力を働いたとして、マスコミに大々的に報道されました。

経緯としては、はしご酒をしていた中川家礼二さんたちが、ファンだという女性ふたりに声をかけられ、一緒に飲みに行ったことから始まります。

そのお店で、女性たちが中川家礼二さんに「ネタを見せて欲しい」とせがんだそうです。

そこで、中川家礼二さんは、普段酔って後輩たちにやるような感じで、女性のひとりの頭をげんこつで「コツン」とやったところ、その女性が突然激怒して警察に飛び込んだというのです。

女性が激怒したというくらいですから、相当痛かったことが想像できますね。

中川家礼二さんからすれば、いつものノリで小突いたのかもしれませんが、酒に酔うと力の加減がうまくいかなかったりしますから、「普段通りの力」といっても、結構強い力だった可能性があります。

それに、テレビで見ているかぎりでは、漫才のツッコミってかなり痛そうですよね。

「ネタを見せろ」といわれてものまねなどを期待していた女性には気の毒ですが、「ほんまもんのツッコミ」を体験できたとすればいい経験だったのではないでしょうか。

・・・というようにはいかなかったようで、最終的に被害届は取り下げられたものの、数日間の活動停止を余儀なくされ、仕事復帰となった舞台上では土下座をして謝罪する中川家礼二さんの姿があったそうです。

中川家礼二は泥酔騒動の後禁酒宣言をした模様

泥酔し、暴力沙汰となった事件の記者会見で、中川家礼二さんは禁酒を宣言したそうです。

「これからも酒は飲み続けるのか」という記者からの質問に、中川家礼二さんは涙ぐみながら、「お酒は飲まない。一生飲まないというくらいの気持ち」と答えたといわれています。

ただ、同じ2003年におこなわれたイベントで「阪神タイガースが優勝したら酒は解禁する」といったところ、見事優勝したので、中川家礼二さんの禁酒は一年足らずで終わってしまったようです。

また、お酒によるトラブルは、お兄さんの剛さんにもかつてあったそうです。

2002年に中川家礼二さんがドラマに出演したときの打ち上げで、漫才を披露しに行った剛さん。

「弟しか出てないのに、なんで自分も来なければならないのか・・・」と次第にムカムカとしてきて、お酒の入った勢いもあって、主演の俳優さんの頭を叩いてしまったそうなのです。

当時、そういったトラブルをいくつも起こしてしまっていたため、剛さんはお酒を全く飲まなくなったといわれています。

芸人仲間で飲みに行くときも、剛さんひとりだけがシラフでいるそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする