野崎海太郎には娘がいるの?相棒や天までとどけに出演?

今回は、数々の人気ドラマ「相棒」や「天までとどけ」に出演されていた野崎海太郎さんについて調べてみようかと思います。

野崎海太郎には娘がいるの?

出典:https://talent.thetv.jp

野崎 海太郎(のざき かいたろう、1957年11月22日)は、日本の俳優、声優、ナレーター。

本名は阿部 治幸。大分県出身。身長184cm。体重は83kg。血液型はO型。所属事務所は仕事(企業)。

横浜市立南高等学校、東北福祉大学卒業後、1981年に無名塾の5期生として入塾。

高校生時代は柔道部で、国体で神奈川県代表で出場し、団体優勝に導いたことがある。

引用:https://ja.wikipedia.org

野崎海太郎さんは、俳優以外にも声優やナレーター活動もしたことのある人物です。

スポンサーリンク

そんな野崎海太郎さんには娘さんがいるのか調べてみました。

検索してみると「野崎海太郎 娘」と言ったようなワードが上がってくるのですが、娘さんに関する情報は残念ながら出てきませんでした。

しかし野崎海太郎さんと言えば、過去に出演されたドラマなどで夫役や父親役を演じられたことがあったので、もしかするとプライベートでも父親なのかもしれませんね。

野崎海太郎の出演作について

出典:https://www.tv-ranking.com

1981年、仲代達矢主宰の無名塾に入塾。主な出演作品

映画/『乱』『ジャズ大名』『天と地と』

『時をかける少女』『男たちの大和・YAMATO』

テレビ/NHK『飛ぶが如く』『パラダイス・オブ・パラダイス』

日本テレビ『太陽にほえろ』

TBS『未知なる反乱』『武田信玄』『豊臣秀吉』『水戸黄門』

フジテレビ『飢餓海峡』テレビ朝日『徳川家康』

舞台/『マンドラゴラ毒の花』『マクベス』『ハムレット』『椿姫』

『リチャード三世』『いのちぼうにふろう物語』

CMナレーション/『ジャック・ダニエル』『日本たばこ』

『シャープ』『ハーゲンダッツ』『デビアス・ダイアモンド』『大阪ガス』『ダイワハウス』ほか多数。

引用:https://www.weblio.jp

数々の作品に出演してきた野崎海太郎ですが、代表作は、映画「時をかける少女」「ハムレット」「天までとどけPart4~6」があげられます。

日本の戦争映画、「男たちの大和」にも出演していた野崎海太郎さんは、大和副長の能村次郎大佐を演じられています。

そのほかにも「幕末純情伝」では新選組隊士の原田左之助役も演じています。野崎海太郎さんは威厳ある男役を映画では演じられることが多かったようですね。

野崎海太郎の出演作1・相棒

スポンサーリンク

出典:https://talent.thetv.jp

『相棒』(あいぼう)は、テレビ朝日・東映の制作で2000年から放送されているテレビドラマシリーズ。

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。

派生作品として劇場版4作とスピンオフ映画2作が公開されている。

テレビシリーズの単位は「season」(シーズン)と呼称している。

本項での「PS.」はpre season、「S.」はseasonを表す。

ファン層は幅広いものとなり、老若男女、職業も様々な人々から愛されている。

また、テレビ局関係者(テレ朝系列以外も含む)、芸能人、そしてこういったドラマはあまり好まないと言われる推理作家にもファンは多い。

引用:https://ja.wikipedia.org

杉下右京が相棒と協力しながら洞察力を駆使して活躍する刑事ドラマ、season9では平均視聴率が20%を超える超人気ドラマの1つです。

シリーズを増しても人気が衰えることはなく「日本の国民的ドラマ」と呼ばれるようにもなりました。

そんな日本の超人気ドラマ「相棒」の season10 第12話「つきすぎている女」

season12 第8話「最後の淑女」に野崎海太郎さんが出演されています。

野崎海太郎の出演作2・天までとどけ

出典:https://www.tv-ranking.com

『天までとどけ』(てんまでとどけ)は、TBS系「愛の劇場」枠(月 – 金曜日13:00 – 13:30)で1991年から2004年にわたり放送されていた、大家族をテーマとしたホームドラマシリーズ。総合企画アンテンヌ製作。

1999年春に丸山家の『天までとどけ』は完結したが、1999年12月に装いも新たに杉本家の『新・天までとどけ』シリーズがスタートし、2004年の第5弾「新・天までとどけ5-最終章-」をもって完結した。

「涙くんさよなら」や「みかんの花咲く丘」が主題歌として使用された。

丸山家の子供たちを演じた13人の子供達のうち、ドラマの放送終了後も芸能活動を続けたのはわずか。大半の子供たちが芸能界を離れて普通の学生生活へと戻っていった。

引用:https://ja.wikipedia.org

ドラマ「天までとどけ」は人気を博し、昼ドラマでは異例の最高視聴率19%を記録、第8シリーズまで制作させることになりました。

今でも家族もののドラマでは最高傑作と言われることもあります。

このホームドラマシリーズ「天までとどけ」で野崎海太郎さんは、獣医、待子の次の夫役「和田真吾」として出演されています。

和田真吾は、待子の夫であり動物学者、漁師の親に生まれ自由奔放に育てられた男性。

その和田真吾役を野崎海太郎は演じられていました。

野崎海太郎さんは、映画では軍人や新選組を演じながらも家族の夫役など幅広い人物を演じられることができる人なのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする