織田無道に娘はいる?ガンで死亡したという噂について。

面白くて毒舌でかっこいい住職として一時はテレビに出まくっていた織田無道さん。

急にテレビに出なくなった理由は何だったのではないでしょうか…。

娘や癌の噂について調査してみました!

織田無道に娘はいる?

実家である厚木市の圓光寺は息子にゆずった織田無道さんは、本拠地である厚木市の圓光寺で住職をしていたことが、本人の長らくの本拠地であり、代名詞であったと思います。

しかしながら、この圓光寺に関しましては、現在は、息子さんに譲ったとのことです。

この息子さんに関しましては、インターネットで調べてみましたが、詳しい情報は出てきませんでした。

スポンサーリンク

地元の方は状況は知っている可能性はあるかもしれませんが、少なくても、この息子さんに関しましては、メディアへの宣伝については、考えていないのではないかと思います。

本来は、檀家さんとの関係で成り立つお仕事ですので、息子さんの代になり、本来の形に戻ったと考えるのが普通なのかもしれません。

織田無道さんには息子さんがいらっしゃるようで、ご実家のお寺も息子さんに譲られたということです。

その他、娘さんは息子さんに関する情報は残念ながらありませんでした。

引用:htttps://芸能人の嫁特集.com

織田無道さんにはお1人息子さんがいらっしゃるということが分かっています。

子供たちに関する情報がとても少ないので、正確ではないのですが、恐らく娘さんはいらっしゃらないようです。

現在、本厚木のお寺は織田無道さんの息子さんが継いで運営されているとのこと。

息子さんは現在住職という身なので、マスコミにはあまり出たくないのかもしれません。

織田無道が死亡したという噂について

2002年に織田さんは、虚偽登記の疑いで逮捕されてしまいます。

神奈川県警は11日、タレントで僧侶の織田無道容疑者(50)ら3人を公正証書原本不実記載で逮捕した。

この件で県警は暴力団員2人の逮捕状も用意している。

織田容疑者らは昨年6月、東京都中野区の宗教法人の役員会議事録などを偽造し、代表役員に就任したとする虚偽の登記変更をした疑い。

織田さんが逮捕された容疑は公正証書原本不実記載・同行使の容疑で、この事件には、暴力団関係者が絡んでいたみたいです。

引用:https://brandnew-s.com

この投稿をInstagramで見る

#夕食万歳 #織田無道 #料理 #🤣🤣🤣 #ワイルド #酒の好きな連中はこうやって #なつかし

Shoko しょーこさん(@hellchocolate)がシェアした投稿 –

実際にはこの逮捕劇に関し、織田さんは「会ったこともない人に名前を使われて容疑を着せられた」と語っており、現在も冤罪であると主張しています。

本人は自分の主張に自信を持っていましたが、裁判の際に、裁判官から「あなたは霊界に通ずるから、魂で会っていたんでしょ?」という見当違いな意見までも言われたそうです。

判決は執行猶予付きで有罪となりましたが、織田さんは後のインタビューで「冤罪でやられました」と、笑いながら答えていました。

引用:https://brandnew-s.com

裁判官から「あなたは霊界に通ずるから、魂で会っていたんでしょ?」なんて言われていただなんて…。

この裁判官は「一度も会っていない」と主張する織田無道さんが、本当は会っていたということをかなりの確信を持って分かっていたということなのでしょうか…?

かなり冷たい発言なので驚いてしまいました。

織田無道さんには死亡説が出ていますが、↑のような事件を起こしたり、66歳になった現在は奥様と厚木で暮らしているという情報が入っていますので、お元気でいらっしゃるようです。

スポンサーリンク

織田無道はガンなの?

“破戒僧”のような豪放磊落なキャラクターでテレビにもよく出ていた織田無道が表舞台を去って久しい。

6月初旬、知己がある私は久しぶりに電話を入れると、ほどなく折り返しのメールが届いた。

「高須社長、少々ガンにやられ踏ん張っております近日中に訪ねます(以下略)九拝」

驚いて、再度電話したところようやく通じた。

「ステージIVの大腸がんから転移が進み、余命は…」

まだ65歳である。

絶句した私は入院先を問うと、都内の高名な病院名を明かした。

引用:https://www.zakzak.co.jp

美容整形などで有名な高須クリニックの院長・高須さんと織田無道さんは親友と呼び合う程仲がいいんだそう。

芸能界から姿を見せなくなった織田無道さんのことを心配した社長が久しぶりに連絡を取ってみると、織田無道さんはステージⅣの癌におかされていることが発覚しました。

既に転移が進んでいらっしゃるとのこと、現在それから1年が経過していますので、ご自宅、もしくは病院でゆっくりなさっていることと思われます。

信長の末裔を自称し、神奈川県厚木市にある臨済宗の寺で第49代住職を務めたこともあるが、2002年に「宗教法人の乗っ取りを図った」として有印私文書偽造に問われ、本人は無実を訴え続けるも敗訴。

04年にそんな織田の胸中を吐露した告発本『外道、非道、織田無道-天下無敵のピカレスク』(モッツ出版)を私はプロデュースしたが、以来、一切のマスコミに出ることを拒否し続けてきた。

どうしても気になって、電話の後、織田と会った。

少しやせていたが、“美男説教師の色さだめ”と呼んでもいい端正な顔。

「踊っているように九字を切りながら“印相”を結ぶ」と言われたしなやかな手や、朗々と声明(しょうみょう)を唱えて、女性をうっとりさせた声は健在だった。

引用:https://www.zakzak.co.jp

テレビに良く出られていらっしゃった頃の織田無道さんは、大変男らしく、そして豪快で、とてもかっこ良かった印象が残っています。

がっちりしていた体系は現在ほっそりとされているのでしょうか…?

ご病気の進行状況がとても気になります。

芸能界を追放される程、ダメージが大きかった2002年の事件。

本人は今も無実を訴えていることを考えると、もしかしたら、判決で出た結果と違う事実があるのかもしれない…なんてことも考えてしまいます。

出る釘は打たれるという言葉がありますが、織田無道さん、会ったこともない人間からかなり恐ろしいことをされてしまったのかもしれません。

現在は癌のステージⅣとのこと、今後はとにかく奥様や息子さんと楽しい日々を送って欲しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする