下條アトムには娘がいるの?病気の噂や現在について。

下條アトムさんは1946年11月26日生まれのの71歳。

東京出身で声優、俳優、ナレーターをしている方です。

「アトム」という名前の由来は原子を意味する英語ATOMで、「今後の原子力は戦争ではなく発電など平和のために使われるはずである」という願いから来ています。

最初みたときは芸名かと思ったんですがアトムという名前は本名なんですね。

そんな下條アトムさんの娘さんや現在何をしているのかなどを調べてみます。

下條アトムには娘がいるの?

バラエティ番組に出演されることも少ないのでなかなか私生活の様子を垣間見ることが出来なくて気になってたんですよね。

で、調べてみると今現在のところは独身だという事ですよ。

と言っても結婚歴がないかと言えばそうではありません。2度ほど結婚されていて離婚されているんです。

スポンサーリンク

なるほど、現在は独身のようです。

下條アトムさんは過去に2度離婚、1度目の離婚は1977年、2度目は2001年に熟年離婚しています。

さてお子さんはいらっしゃるのでしょうか。

子供さんは娘さんがおられるようで、実は以前一緒にテレビ出演もされたことがあります。

その番組では娘さんに対する気持ちもいろいろ伝えられています。

下條アトムさんに娘さんはいるようですね。

年齢や名前といった詳しい情報までは公開されていませんでした。

下條アトムさんは今年で71歳、お子さんが成人されていても不思議じゃないですよね。

最初の妻も2度目の妻も写真やロフィールが出回っていないので一般女性だと思われますが、娘とは番組で共演したこともあるようです。

離婚前なのか後なのかはわかりませんが、父親と娘の関係は良好と言われています。

父親の下條アトムさんと娘さんは番組で共演されたことがあるんですね。

これだと娘さんの名前くらいは出てきそうなのですが、いくら探しても見つかりませんでした。

もしかするとこれが放送されたのは随分と前なのかもしれませんね。

そして下條にはこの節目の年にもう一つ見つめ直したい人との関係がある。

離婚して負担をかけてしまった一人娘に対する後悔の気持ち。

今年、結婚した娘にこれまで言えなかった思いも伝えたい。

また下條アトムさんはこのように2度離婚して娘を不安にさせてしまったことを後悔しているようです。

離婚してしまったのは事実ですが娘さんを思う気持ちは伝わってきます。

そして下條アトムさんの父親は「男はつらいよシリーズ」の3代目おいちゃん役の故下條正巳さんです。

スポンサーリンク

故下條正巳さんは韓国の釜山生まれ、20歳まで韓国で育ち映画監督を目指して上京。

北野武監督作品にも出演したことがあります。

そして下條アトムさんの母親は元女優の田上嘉子さん。

テレビや映画「みんなわが子」などに出演しています。

昭和18年俳優の下条正巳さんと結婚しています。

つまり下條アトムさんの両親は2人とも役者さんだった訳です、芸能一家と呼ぶにふさわしい家族ですね。

下條アトムに病気の噂が?

ナレーターとして定着していた世界ウルルン滞在記が番組をリニューアルする際、下條アトムさんが降板し松尾スズキさんに変わりました。

この理由が下條アトムさんの病気だったのではとも言われていますが、実際には病気などではなく単に交代というのが真相のようです。

ただ時期はわかりませんが、声が出せないほど体が弱って倒れてしまったことはあるようです。

はっきりした病名などは明らかにされておらず、この病気のせいで休養していた時期があるのかも不明ですが、現在は病を克服し健康に気をつけながら生活しているとテレビで語っていたこともあります。

下條アトムさんは12年続いた世界ウルルン滞在記のナレーターをやっていました。

番組のリニューアルがきっかけで下條アトムさんは降板、これが「病気なのでは?」という噂話に繋がってしまったんですね。

しかしこれはデマで大きな病気をしているとういう情報はありません。

芸能関係にはこのようなデマが本当に多いですよね。

下條アトムは現在どうしてる?

下條アトムさんは2018年現在も俳優として精力的に活動を続けており、8月には舞台出演もされるそうです。

下條アトムさんは2017年に公開された映画「ポエトリーエンジェル」や「わさび」にも出演しています。

ここ数年は俳優として活動しています。

これだけ出演する作品が多いと大変お忙しいはずです、ナレーターや俳優業をこなす下條アトムさんが幅広い分野で活躍しているのがよく分かります。

今年71歳になる下條アトムさんです、お体に気を付けて頑張ってほしいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする