滝田洋二郎の娘&家族構成まとめ。新作で二宮和也とタッグ?

滝田洋二郎の娘&家族構成、新作で二宮和也とタッグを組んだのかについてまとめてみました。

滝田洋二郎には娘がいるの?

夫人と娘2人がいます。

娘さんの情報はあまりないですね。

有名な映画を作り上げた監督ですので、その奥さんや娘さんのことについてもいろいろ情報が載っているのかと思っていたのです。

しかし調べて見ると、奥さんはいいとして、娘さんのことについてはほとんど載っていませんでした。

もしかしたら大きくなっても一般人として普通に生活しているのでわざわざ公表していないのかもしれません。

芸能人だったら小さいときからアピールされていると思うのですが、こういった点から私生活については公表しないのかもしれません。

滝田洋二郎の家族構成について

監督の奥さんは大変でしょうね。

スポンサーリンク

映画が成功すればいいのですが、こけたら借金ばかりになるのですから。

元女優だった

出演作の監督をした滝田洋二郎と結婚し芸能界を引退

滝田洋二郎監督が「おくりびと」でアカデミー外国語映画賞を受賞した際は、夫と授賞式に同行したことが一部メディアに報道された。

奥さんと娘のあたりとの合計4人の家族構成ということがわかりました。

しかし監督を支える奥さんですので本当に素晴らしいなと思います。

有名な女優さんだったということですので、しっている方も多いと思います。

しかしその後は引退され家庭をしっかりと支えている点は好感が持てますね。

また娘さんの存在も彼の映画を撮る原動力になったと思います。

滝田洋二郎が新作「ラストレシピ麒麟の舌の記憶」で二宮和也とタッグ。

新作の「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」(11月3日公開)を鑑賞すると、無性にビーフカツレツが食べたくなる。

主演・二宮和也がクライマックスでカツサンドを頬張りながら見せた表情に、メガホンをとった滝田洋二郎監督は深い感嘆の声を漏らした。

そのワンカットが魂を揺さぶり、途方もない多幸感が全細胞を駆けめぐったからだ。

本当にこうなる気持ちはよくわかります。

演技がとても素晴らしいからこそ、見ている方はをそれと同じようなことをしたくなるというのはごくごく当然ではないでしょうか。

しかし監督が二宮さんと一緒に共演することになって感じたことがあるようです。

その点について見ていきます。

スポンサーリンク

そしてタッグを組んだ二宮は、“一発OK”にかける信念をにじませる。

シーンごとの撮影で最初に見せる演技を「できたて」と例えながら、「一発目が一番いいと思っています。

自分だけしか知らないことを一気にみんなにバーンと投げる感じが、すごく好きなんです」と明かす。

続けざまに「毎カット毎カット、監督が『OK』と言う声のボリュームを上げたい。

滝田組に参加すると、みんな思うんじゃないかな。

監督が想像していたものにカチッとハマって、大きい声を出させたいんだよね」と目を細め、「クライマックスの撮影、あの日は酒がうまかった」とかみ締めるように語った。

こういう役者さんも監督さんもそれほどいないのではないかと思います。

お互いの信頼関係ができているからこそ、思う存分撮影ができ、素晴らしい作品ができるんだなと素人ながらに感じることができます。

こういった人と一つの作品を作り上げることができるというのは、監督冥利につきますし、俳優冥利に尽きるともいえるでしょうね。

滝田洋二郎が二宮和也の演技力を絶賛。

クライマックスは、二宮の提案により変更が加えられている。

充が体験した“すべて”が込められた会心のシーンであり、滝田監督は「台本のセリフは『おいしいな』でしたが、実際には『うまい』に変えました」と説明したうえで、「『おいしい』は、食べ物に対する言葉。

流れから見て、最後の言葉は食べ物だけではなく、人生、自分の知らなかった人の思い、そしてステップアップへの感謝でなければと思った」と、二宮に頼もしげな視線を注いだ。

嵐・二宮和也と初タッグを組み、現場で実感した二宮のスター性と演技力を讃えた。

本当に監督は彼のことを評価していたのだという事がわかります。

単純に素晴らしい俳優さんというわけではありません。

ほんとにその演技力については、監督から指示するわけではなく、みずから彼自身の行動によりしましたということになりますね。

それ自身が監督にとっては賞賛ということになります。

これはお世辞でも何でもありません。

彼らが作った作品を見れば誰もがそれを感じるでしょう。

まさしく会心の作品だったと思います。

さて、彼のプライベートのことについてかきましたが、私生活についてはほとんど公表されていませんでした。

映画監督だけに、一つの作品を作る職人として、本当に素晴らしい作品を世の中に出していると感じる瞬間です。

娘さんも一般人として生活しているかもしれませんが、これからもしかしたら芸能界に入って活躍されるとしたら、監督がメガホンをとって作品を作り上げていくのでしょうね。

とても楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする