田村あゆちには娘がいるの?本名や結婚した旦那との離婚の噂について。

今回はフリーアナウンサーの田村あゆちさんについてまとめてみました。

田村あゆちには娘がいるの?

出典:田村あゆち – 生島企画室

生島ヒロシ”さんが会長を務める”生島企画室”に所属しているフリアナウンサーの田村あゆちさん。

以下、田村あゆちさんのプロフィールと略歴です。

◇田村あゆち(たむら・あゆち)

◇フリーアナウンサー / キャスター

◇生年月日:1972(昭和47年)10月28日

◇出身地:愛知県

◇資格

スポンサーリンク

・ピンクリボンアドバイザー

・日本健康マスター検定(エキスパート)

・ユニバーサルイベント検定

◇学歴

・ミシガン大学卒業 生化学専攻

・東京大学大学院 医学系研究科 修士課程修了

・人類遺伝学専攻

◇その他

オーストラリア、アメリカ滞在10年。

遺伝子研究から転身後、政治・経済などの報道番組を中心に活躍。

10年間の海外生活で培った英語力を活かし、
英語キャスターや翻訳などもこなす。

2004年の出産後は、理系のバックグラウンドを活かし、 健康・医学系のシンポジウムのコーディネーターとしても活動の場を広げている。

引用:田村あゆち – 生島企画室

すごく頭のいい方なんですね。

そんな田村あゆちさんには娘がいるのでしょうか?

結論は・・・います、ブログに写真がありました。

引用:国立西洋美術館

顔は明かされていませんが、2004年生まれだという情報がありました。

さらに、ブログに呼び名がmomoとありましたので名前の一部に”もも”がついている可能性は高いと思います。

”ももこ”とか”ももか”とか単純に”もも”とかでしょうか?

田村あゆちの本名

出典:ピンクリボンアドバイザー

田村あゆちさんの本名は?

初対面の方には必ず「変わった名前ですね」と言われます。

芸名?」と言われることもありますが、本名です

あゆち」は、「愛知」の古い名称万葉集にも詠われていて、「湧き水に富んだ地」とか「海から吹いてくる幸福の風」という意味だったなど、いくつかの説があるそうです。

この名前を付けてくれた父が私が生まれる3年前、日本航空初の女性課長となった瀧田あゆちさんのご活躍を雑誌で知って、愛知で生まれる私にこの名前をつけたそうです。

引用:「あゆち」という名前

かなりめずらしい名前ですが、「あゆち」が本名のようですね。

田村あゆちが結婚した旦那(夫)について

スポンサーリンク

出典:内臓脂肪と健康

田村あゆちさんが結婚した旦那さんについてですが、情報が皆無といっていいほどありませんでした。

旦那というキーワードが出てきたので、調べている人がいるようですが、ブログをみても全く旦那に関する話題がありません

田村あゆちが旦那(夫)と離婚?

出典:第19回JAPANドラッグストアショー

ブログにも旦那の話題がない、となると田村あゆちさんは旦那と離婚したのでしょうか?

これも全く離婚の情報がないので類推するしかないのですが、

momoも進級に合わせて転校します。

とても強い子なので、すべてを前向きにとらえていますが、親としてしっかりサポートしなくては。

頑張れ、momo。

引用:転校

2015年の2月に進級に合わせて転向とあるので、ひょっとしたら離婚を機にという可能性もなくはないかもしれません。

娘momoが新しい学校に初めて登校しました。

momoと一緒に学校に行くと転入生と保護者が20組ほど。

引用:転校初日

この書き方だと、旦那は学校に一緒にいっていないようなのでやはり離婚しているのかもしれません。

出典:入学式

娘の中学校入学の写真にも旦那は写っていません

まあ、旦那の存在を一切隠しているという可能性もあるかもしれませんが・・。

田村あゆちさんは今現在、子育てをしながら、テレビ・ラジオ出演に加え、学歴の高さを生かしてシンポジウムに出席しているようですね。

以下、活動の一覧(抜粋)です。

◇テレビ

・NHK教育『英語ビジネスワールド』
・外務省広報番組 MXテレビ『モノづくり新時代~ナノテクノロジーへの挑戦~』
・BS-TBS『聞きたい、知りたい、認知症のすべて』
・BS朝日『健康万歳~正しい薬の使い方・飲み方』
・BSジャパン『ドリームロード~僕らの株式投資強化書~』
・CS日経CNBC『備え万全!新証券税制~特定講座ってなに?~』
・CS朝日ニュースター『ニュースカフェ』 取材、原稿作成も担当
・CS朝日ニュースター『経済気球』

◇ラジオ

・TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう一直線』英語コーナー、海外留学アドバイス
・NHKラジオジャパン『Asia Weekly』

◇シンポジウム

・『ピンクリボンシンポジウム』
・『読売腸と健康のフォーラム』
・『東京都医師会都民公開講座』
・『機能性表示食品フォーラム』
・『21世紀の食と健康フォーラム』
・『ブルークローバーキャンペーン(前立腺がんフォーラム)』
・『C型肝炎フォーラム』
・『ロコモティブシンドロームフォーラム』
・『糖尿病フォーラム』
・『目の健康フォーラム』
・『メタボリックシンドロームフォーラム』
・『世界乾癬デー市民公開講座』
・『炎症性腸疾患市民公開講座』
・『世界アルツハイマーデー記念シンポジウム』
・『朝日介護フォーラム』
・『タケダヤングフォーラム~医学を志す君たちへ~』
・『ロボットと暮らす明日』
…他多数

引用:田村あゆち – 生島企画室

一気に全部やってる訳ではないにせよ、これだけ忙しかったら旦那さんとの仲に支障をきたしてもおかしくはないです・・・。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする