角替和枝の娘(長女)について。若い頃やうつ病の噂について

女優の角替和枝さんの娘についてリサーチ!

角替和枝さんの若い頃やうつ病の噂にまで切り込みます!

角替和枝の娘(長女)について

個性派女優の角替和枝さんの家族と言えば、言わずと知れた芸能一家。

夫は俳優・柄本明さん、長男は俳優・柄本佑さん、次男は俳優・柄本時生さんです。

スポンサーリンク

そして長男の妻は女優の安藤サクラさん

安藤サクラさんのご家族も、お父様が俳優・奥田英二さん、お母様がエッセイスト・安藤和津さん、お姉様は映画監督の安藤桃子さん

華麗なる一族というわけですが、実は柄本佑さん、時生さんにはお姉様がいらっしゃることをご存知でしょうか?

つまり、角替和枝さんの娘さんです。

お名前は「かのこ」さんと言って、映画関係の裏方の仕事をされています。

いくら芸能一家といえど、娘さんは一般人として暮らしていますので、角替和枝さんはじめ柄本家の方は、娘さんのことをメディアなどで語りません。

これだけ巨大な芸能一家となり、一番戸惑っているのは娘さんかもしれませんね。

お父様、お母様が俳優をされているのは、生まれる前のことですのでどうにもできなかったでしょうが、まさか、弟2人も同じ役者の道に進むとは予想もしなかってのではないでしょうか?

何故、そこまで言い切れるのか?

言葉は悪いですが、柄本佑さんはともあれ、時生さんの方は整ったビジュアルとはお世辞にも言えません。

だからこそ、俳優界には必要とされているのでしょうが、お姉さんからしたら「?」だったのか。

それとも、小さい頃から親の血を継いでいる片鱗が見えていたのか。

どちらだったのでしょうか。

角替和枝の若い頃が綺麗!

角替和枝さんは1979年に25歳で女優デビューしています。

劇団東京ザットマンの立ち上げに参加し、女優を始めた後でつかこうへいさんの事務所に所属しました。

その後、「東京乾電池」に所属して、名脇役として活躍。

柄本明さんは「東京乾電池」の座長だったのです。

それから64歳まで、女優一本で第一線で活躍してきました。

若い頃の写真を探したのですが、なかなか見つからず、唯一見つかったのが、柄本明さんとのツーショット写真でした。

出典:角替和枝の若い頃の画像!かわいいと評判だったことが判明!

恐らく新婚の頃の写真でしょうね。

今でも細いですが、若い頃はスタイルも良かったのではないでしょうか?

個性派俳優と、個性派女優が結婚すると、どんな化学反応が起こるのか興味がありますが、それが俳優の息子さん2人だったということでしょうか。

家族からは「お母さん」ではなく「和枝ちゃん」と呼ばれているとのことで、いつまでも名前で呼ばれると気分も若々しくなりそうですね。

スポンサーリンク

因みに夫のことは「えもっちゃん」と呼んでいるそうです。

面白い家族ですね。

朝ドラの常連

角替和枝さんは名脇役として、色々な作品に出演し色を添えていますが、実はNHKの朝ドラには数多く出演しています。

NHKのドラマに出ることは、知名度も上がりますし、その後の女優人生が大きく変わるとも言われています。

彼女の連ドラ出演歴を見てみると、1982年の「ハイカラさん」から、「ひまわり」、「あぐり」「私の青空」、「おひさま」、「花子とアン」と、実に過去6作品に渡って出演されています。

出典:【おひさま】女優・角替和枝の若い頃!柄本明との長女は?

個人的な感想ですが、角替和枝さんって「ちょうどいい」女優さんなのだと思います。

強烈すぎず、薄すぎず、周りにすーっと溶け込んでいながら、存在感があるといった感じだと勝手に思っています。

角替和枝はうつ病を患っていた?

あの明るいキャラクターからは想像できませんでしたが、角替和枝さんは自殺も考えたほどのうつ病と戦っていたことがあったそうです。

角替は6年前、54歳のとき、ニューヨークへ行く飛行機に乗った際に胸が痛くなって狭心症が疑われ、検査入院した。しかし心臓に問題はなく、心療内科へ行くよう指示された。

「先生に『あぁうつだよ、辛かったねぇ』と言われたとき、声を上げて泣いた」という。

引用:角替和枝、うつ病で自殺考えた日々告白

心の病気って、なかなか自分では言えませんし、周りも理解してくれません。

先生に「辛かったねぇ」と言われて、声を上げて泣いたとは、相当一人で抱え込んでいたのでしょう。

実はその2年前から症状に見舞われていた。

「ある日突然、まったく寝られなくなった。テレビ見て眠くなり、眠ろうとした瞬間パッカーンって目が覚める。自分でも変だと思った」。

症状はつのり、やがて「死んだらどうなるんだろう?私は必要とされていない。試してみたい。死んでみたい」という思いが兆した。

死にたい自分とは別に死んではダメだと分かっている自分もいて、駅に行くと「(飛び込むんじゃないかと)電車が怖かったから、プラットホームの柱につかまっていた」。

引用:角替和枝の家系は役者一家で凄い!義嫁(安藤サクラ)・長女・息子二人も俳優だった!

ここまで追い込まれていたのに、角替和枝さんは家族に打ち明けられたなかったと言います。

病院へ行っても「こんな軽い症状で来るな」と怒られるのではと思っていたのだそうです。

それでも、うつ病というれっきとした病気を受け入れて、家族にも打ち明け、お薬で症状を抑えて、2年で完治したというのですから、うつ病にしては早い完治だったのではないでしょうか。

柄本明も角替を1人にしないよう気遣い、見守ってくれた。そんな柄本に角替はいま「ありがたいなって思う。優しいでしょ」と感謝している。

引用:角替和枝の家族や旦那は俳優一家?出演作品とがんの種類やステージは?

こういう時こそ、家族の絆、夫の愛情を試される時ですよね。

角替和枝さんはとても素晴らしいご家族に恵まれたと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする