矢野燿大には娘がいるの?創価学会や韓国人という噂について。

10/08に2001年以来の最下位が確定した阪神タイガース。

その阪神タイガースを2010年に引退された矢野さん

今回は、矢野さんについてまとめましたので、ぜひご覧ください。

矢野燿大について

https://twitter.com/hiromi090129/status/1124972822814527488

矢野燿大さんの生年月日は1968年12月6日で、出身地は大阪府大阪市東住吉区。

現在の年齢は51歳になります。

小学2年生から野球を始め、始めた当初はショートを守っていたのですが、チーム事情によりキャッチャーを務めます。

高校に進学すると、1年生からレギュラーに抜擢されます。

高校在学中には、ピッチャー以外のポジションを経験されます。

(春・夏ともに甲子園出場は果たせませんでした。)

スポンサーリンク

高校を卒業後は、東北福祉大学へ進学されます。

高校時代と同様、ピッチャー以外のポジションを経験されます。

1989年にサードとして大学日本代表に選出され、第18回日米大学野球選手権のメンバーにも選出されます。

1990年のドラフト会議で中日ドラゴンズへ入団されます。

プロ1年目から、一軍の試合に出場されます。1992年は72試合に出場し、打率.259と一定の成績を残した。

1997年のオフには交換トレードという形で阪神タイガースへ移籍されます。

移籍1年目から、監督からリード面を評価され、正捕手の座を勝ち取ります。

1999年のプロ9年目にして初の規定打席に到達し、打率3割を記録されます。

2010年に現役を引退されます。

これからは、若虎の育成に力を入れていただきたいですね!!

矢野燿大には娘がいるの?

矢野選手が、結婚やお子さんがいらっしゃるか確認したところ…

結婚されていて、娘さんがお二人いらっしゃるようです。

奥様の年齢や、娘さんの年齢は確認できなかったのですが、

娘さんがお二人いらっしゃるというのは、非常に可愛いんでしょうね。

矢野燿大は創価学会のメンバーなの?

矢野選手は、創価学会に入会されているか確認したところ…

そういった情報は一切確認できませんでした

なぜ、矢野さんは創価学会に入っているのでは?という噂が立ったんですかね?

そもそも創価学会って?

先ほど、矢野さんが創価学会に入っているのでは?という疑惑についてまとめたのですが、そもそも創価学会って何?と思う方もいらっしゃるかと思いますので、

創価学会について、簡易的に説明します。

創価学会は日蓮正宗を元とした宗教団体ではあるのですが、それをベースにした人間教育を一番の目的として考えているので、「創価教」ではなく「創価学会」という名目だそうです。

スポンサーリンク

ちなみに元々の名前は「創価教育学会」という名前だったそうです。

変わった理由としては、「創価教育学会」という名前だとアカデミックなイメージを持たれてしまうので、教育が一番の目的ではありますが、教育だけではない色んな分野にも活動の場を広げるため、「教育」という文字をとって「創価学会」という名前になったそうです。

矢野燿大は韓国人?

先ほどと同様で矢野選手には、韓国人なのでは?という疑惑も上がっています。

確認したところ…

そういった証拠は、一切確認できませんでした

矢野燿大が現役時代を振り返る

(2003年に矢野さんにとってはプロ入り後、初めて優勝を経験について)

阪神としては1985年以来の18年ぶりの優勝でしたから、このシーズンは現役生活の中で最も印象に残っています。

自分自身、中日での期間を含めると5年連続で最下位だったんです。

それだけに喜びは格別でしたね。

(星野さんについて)

星野さんは勝利に非常に貪欲な方で、一つの勝利のために選手はもちろん、裏方さんともコミュニケーションを取ってくれて、且つ、自らチーム全体を盛り上げてくれました。

だからこそ、選手の意識がグンと高まったんだと思います。

だからこそ、星野監督が辞任されたときは非常にショックでした。

選手たちには全く知らされていなくて、日本シリーズ開幕の数日前に初めて聞いたんです。

ですから、報告を聞いたときは、より一層選手たちの間で「日本一になってやろう」という気持ちが強くなりましたね。

(2年後にまたリーグ優勝を果たしたが、どうでしたか?)

2003年の時は、他チームを試合結果を待っての優勝でしたが、2005年は試合に勝った瞬間の優勝でしたので、本当に気持ちがよかったです。

それに当時はJFKというパターンが確立されていましたから、守り勝ったという感じで、キャッチャーとしては、また格別に嬉しかったですね。

(当時は、個性的なピッチャーがたくさんいた印象があるのですが、いかがでしたか?)

井川とかをうまくリードできていたかどうかは、正直自分自身では分かりませんが、

心がけていたのは、僕がピッチャーに投げさせるのではなく、お互い話し合い理解したうえでリードをする。

そういった事を実行すればバッターに対して2対1で攻めることができ、試合運びをするうえで有利になります。

ピッチャーとキャッチャーが力を合わせて、という気持ちでやっていました。

引用:ダメ虎から猛虎へ、変貌の真相 〜矢野燿大インタビュー

阪神の優勝を支えた矢野さんのお気持ちや考え、本当にチームのことを考えていたんだなぁというのが理解できますよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする