アグネスチャンに娘はいるの?家は豪邸で住所は横浜?

香港の歌手でありながらも日本で大人気となったアグネスチャン。

私生活ではカトリック教徒で、アグネスはその洗礼名から名付けたのだとか。

彼女が長年情熱を傾けているユニセフの活動が偽善者という噂は本当なのでしょうか?

アグネスチャンに娘はいるの?

この投稿をInstagramで見る

アグネス・チャン(@agneschan1)がシェアした投稿

3人の息子をスタンフォード大に送り出している、歌手でタレントのアグネス・チャンさん。

その教育に際しては、こんなところに気を付けていたという。

長男が3歳の時にスタンフォード大学大学院に留学し、教育学を学びながら現地で次男を出産しました。

子育てしやすい環境に加え、学生たちが自分を飾らず、「肩書」的なものにとらわれず、人としての中身を大切にしていることに、未来を感じました。

スポンサーリンク

子どもたちにもそんな人になってもらいたかった。

だから、ただ勉強させるのではなく、周囲への思いやりと「夢見る力」を伸ばしてあげようと心がけました。

そのために、毎日何度もキスをするなど愛情を示しながら、「人は人。自分は自分。人と違っていることは“恵み”なんだよ」と常に話して聞かせました。

秀才タイプの長男、好奇心旺盛だけど注意力散漫な次男、理解は早いけれどじっくり考えるのが苦手な三男。

性格は違いますが、得意科目を伸ばすことで自信がついて、他の教科のステータスも上がった。

結果的に3人ともスタンフォード大に合格しました。

入試では成績はもちろん、共感力や将来性などが問われたので、内面の充実に力を注いだことが役立ったと思っています。

引用:https://dot.asahi.com

アグネスチャンに娘さんはいらっしゃいません。

その代わり、画像の通り3人の大変優秀な息子さんがいらっしゃいます。

アグネスチャンご自身もそうですが、息子さんが3人ともスタンフォード大学に入学するとはなんて優秀なんでしょうか!?

人は人、自分は自分。

偽善者などと批判されることの多いアグネスチャンですが、彼女の教育は本当に素晴らしいものだったようです。

アグネスチャンの家(自宅)が豪邸と噂!

2014年8月放送の『ナカイの窓 芸能人100人集結!年収&恋愛&私生活』
および2015年2月放送の『私の何がイケないの?芸能人の欠陥ハウス!最新リフォームで大改造!』でアグネス・チャンの6億円豪邸が披露されていましたのでまとめて紹介しておきます。

引用:https://kakaku.com

アグネスチャンは若くしてスターに上り詰めた女性です。

当時の収入だけで相当稼いだのか、現在は6億円で建てた東京の豪邸に住んでいらっしゃいます。

アグネスチャンの家(自宅)の場所(住所)は横浜?広尾?

場所は超高級住宅街・広尾。

築年数 間取り 平米・坪 価格
1995年築・24年 7LDK 400㎡・121坪 約240畳 6億円

自宅に入ると真っ白な大理石の階段があり、そこを抜けると30畳ある洋館のリビングがあります。

ゴージャスなシャンデリア、床は総大理石。

インテリアはアンティーク調の家具で全て故郷・香港から取り寄せたものだそうです。

ちなみに・・・自宅にエレベーターもあります。ワオ!

アグネスチャンが豪邸を建てたのがバブルの頃だったのか、内装がめちゃくちゃ豪華なので驚きました。

スポンサーリンク

家の中にエレベーターを完備しているなんて、作る時の費用も凄そうですが、使い始めてからの維持費や修理費も凄いことになりそうですよね。

こういう豪邸で安倍総理らとパーティー、ここならしてそう!と思わず思ってしまいました。

アグネスチャンの家(自宅)はユニセフの募金で建てられた?

たらいもすぐ満杯になってしまう程の強烈な雨漏りが発生しているとのこと、これは至急修理しなくてはなりません。

安倍総理を自宅に招き食事会もされている自宅です。

6億円も掛けて建てた豪邸でしたが、屋上にあるバルコニーと屋根の間に水が溜まってしまい、雨が降ると滝のように天井から水が落ちてくるようになってしまいました。

こんな大変な状態、修理に100万円くらい掛かるのか!?と思いましたが、たった14万円で終了することができたんだそう。

たった14万円だなんてかなりびっくりしてしまいました。

テレビの取材を受けたことで安くしてもらったんでしょうか!?

実はこの家、ユニセフの募金で建てられたのではという噂があり、そのせいである事件が起きていたんです。

アグネス脅迫事件

歌手アグネス・チャン(60)のツイッターに「メッタ刺しにして殺す」などと書き込みがあり、警視庁が脅迫容疑で捜査。

ツイッターには、「ナイフでメッタ刺しにして殺しますよ」「児童ポルノ認めないと君のアグネス御殿は血まみれになりますよ」などの書き込みがあった。

警視庁渋谷署は24日までに、脅迫容疑で東京都昭島市に住む中学3年の男子生徒(15)の自宅を家宅捜索した。

少年は「慈善活動をしながら裕福な生活をしているのが許せなかった」と供述。

「(アグネスが)慈善活動をしているのに裕福な生活をしているのが許せなかった。こんなに大騒ぎになるとは思わなかった」と供述している

引用:https://matome.naver.jp

確かに彼の言う通り、もしアグネスチャンが偽善活動を行っていて、こんな豪邸を建てたり裕福な生活をしていれば、許せないという気持ちも理解できます。

しかしアグネスチャンはただ本当にボランティアで慈善活動をしていただけだったのです。

つまり彼はただの優しいアグネスチャンを脅迫してしまったということになります。

一体何の情報を元に脅迫しようと至ってしまったのでしょうか…。

「アグネスチャンは偽善者」との声も

この投稿をInstagramで見る

アグネス・チャン(@agneschan1)がシェアした投稿

ネットでは、この少年に共感する意見も…!?

「慈善活動で集めたお金で豪邸を建てた」というようなデマも流れている。

一部ネット上には、「アグネスチャンに同情できないわ」「ネット的にはざまあの声が圧倒的だよね」

「日本ユニセフ協会」に関しても、過去に一部で“募金詐欺団体”などと報じられていたためか、「募金詐欺と殺害予告の醜い争い」「アグネス擁する日本ユニセフは善意の募金をピンハネだから、、、」という声もあがっているようだ。

「ピンハネした」というはもちろんデマ。

アグネスさんは大使として、”無償”で活動をしている。

また、東日本大震災緊急募金への1,000万円をはじめ、個人としても毎年多額の寄付。

これ、何処がデマかというと、アグネス・チャンが大金持ちなのは、日本ユニセフ協会への義援金をピンハネしたからというところ。

アグネスが金持ちである事と、日本ユニセフ協会の会計事情にはなんの関係もない。

引用:https://matome.naver.jp

アグネスチャンは香港出身の方です。

元々日本人でもないのに、自分の稼いだお金を使って日本の為にボランティア活動をしてくれています。

日本はこんな素晴らしい外国人に愛されているというのに、日本人の間では彼女がピンハネしている…なんてデマが出回っています。

情けないやら悲しいやら。

立派な人は立派、そう認められる社会を作っていかなければなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする