相田翔子の娘の名前や学校について。現在でもかわいいと話題。創価学会なの?

歌手の相田翔子さんの娘さん情報!

名前は?学校は?

相田翔子さんの可愛さの秘訣は何なのでしょうか?

創価学会会員なのかについても言及しました!

相田翔子の娘の名前は?

相田翔子さんと言えば、「笑わないアイドル」としてWinkとして活躍していました。

楽曲に恵まれ日本レコード大賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも出場。

Wink解散後は、ドラマや映画、声優などで活躍しています。

2008年7月、医師の相澤宏光さんと結婚しました

スポンサーリンク

ご主人の相澤宏光さんは、女優・司葉子さんの息子さんで、元JR東京総合病院麻酔科医長で、現在はシロノクリニックの医局長として働いています

2012年1月相田翔子さんは42歳で女の子を出産します。

不妊治療を経ての妊娠だったようなので、娘さん誕生は余計嬉しかったでしょう。

生まれた時は早産で1866gの未熟児だったようです。

しばらくは保育器に入っていたでしょうから、大きくなるのが待ち遠しかったと思います。

今の医療技術は進んでいて、未熟児でも生きていける環境が整っています。

気になる娘さんのお名前ですが、旦那様のお母さんの司葉子さんが名付けたようで、公表されていません。

姑に名前を付けてもらうなんて珍しいですよね。

司葉子さんのことですから、間違ってもキラキラネームは名付けていないと思います。

相田翔子の娘の学校はどこ?

相田翔子さんの娘さんは今年6歳ですから、来年小学校に上がる年齢です。

現在は幼稚園に通っていますが、その幼稚園は「成城幼稚園」だと言われています。

旦那様は医師、義父は国会議員、義母は大女優というセレブですから、セレブの子女が多く通う成城幼稚園の可能性は高いです

そのままエスカレーター式で小学校、中学校、高校、大学と進んでいくのかもしれませんし、もしかして来年小学1年生になるに当たって、もっと上を目指しお受験の準備はしているかもしれません。

相田翔子が現在でもかわいいと話題!

47歳になる相田翔子さんですが、アイドル時代から全く変わらないかわいいままなことが注目されています。

普通なら劣化してしまいそうですが、結婚しても、出産しても、全く年を感じさせません。

相田翔子さんのアイドル時代を少し振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

Winkはデビュー当時は、ライブでもお客さんが入らずに苦戦していましたが、3枚目のシングルとなる「愛が止まらない」がロングヒットを記録し一気にブレイクを果たします。

そしてWinkはデビュー翌年に「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」で第22回全日本有線放送大賞にてグランプリを受賞、「淋しい熱帯魚」で第31回日本レコード大賞にて大賞を受賞し、年末の『紅白歌合戦』(NHK)に出場します。

Winkの独特の振り付けが流行ったりしました。

それまでは同じようなキャラがおらず、2人が無表情で歌って踊る独特のキャラがウケました。

ところが無表情だったのは故意にやっていたのではなく緊張のあまり笑えなかったことで、結果的にWinkの代名詞として定着してしまったそうですね。

初期はほとんど洋楽のカバー曲が多かったようです。

あなたは「相田翔子派?」「鈴木早智子派?」といった人気投票も行われたことを記憶しています。

今までにない新しいアイドルの形を形成したのが相田翔子さんのWinkだったのです

そんな相田翔子さんが今でも”かわいい”と言われ続けているのには、本人の美容に対する認識の高さもあるかと思います。

いつまでも若々しい肌を保っている秘訣としては相田さんは半身浴とリンパマッサージをかかさずに行い、さらに家事が趣味なので体を良く動かしていることから肌が劣化しないと言われているそうです。

マイペースで天然な相田翔子さんは、恐らく人と比べることなく自分のペースで、自分のやり方で家事、育児、仕事をしてきた方だと思います。

その中で”女”としても部分も自然と生かされてきたのでしょう。

それが、いつまでもかわいいと言われる一つの理由ではないかと思います。

相田翔子は創価学会のメンバーなの?

相田翔子さんが創価学会のメンバーだと言われていますが、それについては本当だと申しておきます

相田翔子さんの旦那様も学会員であります

相田翔子さんは芸術部、旦那の相澤さんは学会員、と区別されています。

芸術部は芸能人らスポーツ有名人が所属しているようです。

芸能人で創価学会の方多いですよね。

芸術部なるものがあることは、初めて知りました。

ですが、夫婦で同じ宗教に入っているのなら、信じるもの、目指すものが同じなので、円満なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする