石坂浩二の娘はどんな人?学歴や実家、若い頃について。

俳優の石坂浩二さんの娘さんについてまとめました。

石坂浩二さんご自身の学歴、実家、若い頃についても注目!

石坂浩二の娘はどんな人?

石坂浩二さと言えば女優・浅丘ルリ子さんと結婚されていたのは周知の通り。

ですが、ツーショット離婚会見を開き、その後、石坂浩二さんは再婚されました。

結論から申しますと、石坂浩二さんに娘さんはいらっしゃいません。

それだけでなく子供には恵まれなかったのです。

浅丘ルリ子さんとの離婚理由の1つに「子供が欲しい」と言っていました。

スポンサーリンク

ですが、再婚した相手との間にも子供は設けられなかったようです。

それには、再婚当時でも石坂浩二さんは60歳に近い年齢だったことも原因の1つではなかったかと思います。

世の中は不平等。

子供が欲しいと願う夫婦には出来ず、深く望んでいない夫婦にはすぐに子供が出来るという現実があります。

石坂浩二さんも一生の内で子育てというものを経験したかったのかもしれませんね。

石坂浩二の学歴

石坂浩二さんはもともとお坊ちゃま育ちだったようです。

東京都大田区の田園調布育ちということが証明しています。

そして学歴は、

慶應義塾普通部

慶應義塾高等学校

慶應義塾大学法学部法律学科卒業

というエリート階段を昇ってきました。

今でいうインテリ系俳優の走りで、現在もクイズ番組などに出演されることもありますよね。

その佇まいからかなり賢く、上品な方だと思っていましたが、博識があるだけでなく人間的にも出来た人だなあという印象です。

石坂浩二の実家はどこ?

上にも触れましたが石坂浩二さんの実家は田園調布です。

石坂浩二さんご自身は銀座生まれの田園調布育ちだそうです。

お金持ちの家庭に生まれたのですね。

  • 石坂浩二さんの父親は食品・酒類の輸入販売メーカーとして有名な「明治屋の重役」
  • また横浜にある老舗あられ屋の「嵯峨野屋」の再建に力を貸すなどをしていたそうです。

石坂浩二さんの上品さや余裕な感じは、すでに礎が出来ていたからなのですね。

家庭環境って本当に大切だと思います。

スポンサーリンク

石坂浩二さんの離婚理由をもう1つ挙げますと、浅丘ルリ子さんに母親の介護をさせたくなかった、というものがありましたが、石坂浩二さんのお母様もかなりの良家から嫁いできたそうです。

そして、石坂浩二さんの家系図を見て行くと、外祖父に元横浜市長の平沼亮三さんがいらっしゃいます。

石坂浩二の若い頃の画像がかっこいい!

ここからは石坂浩二さんの若い頃の画像を挟んで、若い頃の活躍ぶりもご紹介して参りたいと思います。

石坂浩二さんの代表作と言えば「金田一耕助シリーズ」などが挙げられます。

そもそも石坂浩二さんはどのようにして俳優になられたのでしょうか?

石坂さんは高校生の頃にドラマ「お源のたましい」にエキストラとして出演し、その後演出家の浅利慶太さんにスカウトされて劇団四季に入団したのだそうです。

その後、石坂浩二さんは舞台やドラマに出演し、着実に俳優としての道を開花していきます。

また1963年には大河ドラマ「花の生涯」に出演。

その後も「赤穂浪士」「太閤記」など大河ドラマに出演している。

俳優の傍ら、「ウルトラマン」でナレーターとしても活躍していました。

今でも「渡る世間は鬼ばかり」のナレーションを続けていますよね。

さらに入賞するほど絵が上手で1976年に行われた「アントニオ猪木VSモハメドアリ」の広告ポスターを描いた。

その時の画がコチラです。

出典:https://www.sponichi.co.jp/

天は二物を与えるのですね。

お金持ちの家に生まれ、イケメンで、俳優としても成功し、絵も上手いなんて非の打ちどころがありません。

石坂浩二の恋愛事情

2017年に放送されたドラマ「やすらぎの郷」で、石坂浩二さんと、石坂浩二さんの元嫁・浅丘ルリ子さんと、元カノ・加賀まりこさんが共演することが話題になりました。

当時の石坂浩二さんの恋愛事情はこのようなものでした。

浅丘さんは、’71年、テレビドラマ『2丁目3番地』で共演した石坂浩二と結婚した。

だが、実はドラマで共演する前に、友人の加賀まりこ(69)から、「ルリ子さん、石坂ちゃんが大ファンだって。

一度デートしたいと言っているからしてあげて」と言われていたという。

引用:https://news.livedoor.com

しかし・・・だ。石坂浩二は、浅丘ルリ子と出会う前になんと加賀まりこと交際していた。

石坂浩二は、はじめ加賀まりこが大好きで会うたびにバラの花をくれていたという。

引用:https://matome.naver.jp

ややこしい三角関係とは違った、全くの石坂浩二さんの加賀まりこさんへの片思いから、浅丘ルリ子さんの気持ちを知った石坂浩二さんの心変わりのようなものだったようですね。

それでも、またこの3人ーが時を超えて共演する日が来るなんて、当時を知るおじさま、おばさま方は嬉しいのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする