いとうせいこうには娘がいるの?再婚相手の嫁や病気の噂について。

タレントのいとうせいこうさんの娘情報を発信!

いとうせいこうさんの再婚相手や病気の噂についても検証します!

いとうせいこうには娘がいるの?

この投稿をInstagramで見る

大野明日香(@officeinterior1997)がシェアした投稿

いとうせいこうさんの私生活はあまり公になっていませんが、結婚に関しては一度結婚して離婚。

そして再婚されているようです。

一番目の奥様との間に娘さんがいるようですが、娘さんについての記述も見当たりませんでした。

そして、古い情報の中に、いとうせいこうさんのブログに娘さんが登場している時があったのです。

それによると2007年当時で高校生になった娘、と書かれていましたので、2019年現在では単純計算でも28歳になっている模様です。

スポンサーリンク

いとうせいこうさんも58歳ですから、娘さんの結婚、出産も経験しているかもしれません。

いとうせいこうはバツイチ?再婚相手の嫁は誰?

先にも少し触れましたが、いとうせいこうさんは1度結婚に失敗して、現在は再婚しているようです。

そのことについては、あまり思い出したくないのか、いい思い出がないのか、いとうせいこうさん自身も公表していません。

いとうせいこうさんが個性的な方ですし、マルチに活躍して、何でもこなせるというイメージがありますので、お嫁さんはいとうせいこうさんを完璧な人だと思っていることもあるかもしれません。

そうなると、お嫁さんは「私がいなくてもこの人は生きていける」と思ったりしちゃうんですよね。

あくまでも想像ですが。

いとうせいこうの元嫁は?

何度も同じことになってしまうのですが、いとうせいこうさんはお嫁さんや娘さんのことなどは公にしていません。

自分は芸能人ですが、お嫁さんは一般人ですから、下手に情報を流せないのでしょう。

それも、一種の嫁思いです。

どういう経緯で元嫁とは離婚したのか分かりませんが、離婚にどちらか一方が悪いということはありませんので、お互い至らないところがあり、それを上手く補え合えなかったのでしょう。

結婚してからしか分からない性格って必ず出てくると思います。

それをいい風に捉えられるか、悪い風に捉えてしまうかによっても全然違いますよね。

ですが、元嫁との間には娘さんを授かったのですから、離婚という形になったとはいえ、素敵な結婚生活も経験できたことでしょう。

いとうせいこうの病気の噂について

2006年、いとうせいこうさんは自身が病気を患っていること。

それが、「パニック障害」であることを告白しています。

その時のブログの内容がとても痛かったのでご紹介します。

さて、今年は45才なのになぜか厄年的な働きがあるらしく、4月に俺はパニック障害になっていたのである。

まず去年、大好きな人形浄瑠璃を観ているときに発作が来て、いきなり汗をかき、意味もなく大声で叫び出したいような恐怖を感じた俺は、あわてて劇場を飛び出した。

スポンサーリンク

大夫以上に大声で叫ぶ客は迷惑だ。

それが今年、2006年。意味のない恐怖は持続的になった。

閉鎖されたスタジオなどが異常に恐くなり、電車では突然途中下車。

うっかり急行に乗ったりすると狂うんじゃないかという激しい焦燥感が俺を襲ったのである。

当時は舞台をやらないといけない時期でもあったので、俺は本当に弱った。

人前に出る体ではなかったのである。

幸い、長年おつきあいのある先輩方と一緒だったので、俺はなんとか踏ん張れた。

引用:https://ameblo.jp

大人になってまさかこんな症状が出るなんて思いもしなかったことでしょう。

これって、普段からのストレスが関係していたりしないのでしょうか?

いとうせいこうさん自身も「当時は舞台をやらないといけない時期でもあった」と書いているように、先々までスケジュールが詰まっていると、休めない、ということがプレッシャーになったりします。

忙しすぎること、責任感が強いことなど、真面目な人ほどパニック障害のような精神的病にかかる傾向がありますよね。

いとうせいこうはパニック障害?

いとうせいこうさんはパニック障害だったことを明かしましたが、パニック障害とはどんな病気なのでしょうか?

パニック障害とは・・・
突然起こる激しい動悸や発汗
頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)
ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感
めまいといった体の異常
このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気
これを何回か繰り返すとまた起きたらどうしよう、人に見られたらどうしようという不安感を生みます。
 パニック障害はこれまま重度になると引きこもるようになって社会生活を維持していくのが難しくなり、悪化してうつ病を併発することもあるようです。

この投稿をInstagramで見る

Koichi Mizoe(@ko_ichiban)がシェアした投稿

精神疾患はなかなか周りに理解されない病気ですが、何より周りの理解なくしては生活もままなりません。

原因を取り除けばいいという考え方もありますが、そういう単純なものでもないらしく、治るのには時間がかかるようです。

いとうせいこうさんは色々な分野での活動が目立ちますので、想像以上のストレスを知らないうちに抱えていたのかもしれません。

あの知的で天才肌ないとうせいこうさんも、元を正せば一人の人間だということですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする