伊東四朗の娘は女優なの?画像は?最近の体調は?病気で死亡の噂も?

今や刑事ドラマやミステリードラマでは欠かせない存在の伊東四朗さん。

もともとは三波 伸介、戸塚 睦夫と3人でてんぷくトリオのメンバーであったコメディアンです。

そんな伊東四朗さんの娘さん、最近の様子について調べてみました。

伊東四朗の娘について

伊東四朗さんは1937年6月15日生まれ。本名は伊藤 輝男さんで5人兄弟の三男(兄2人、姉1人、妹1人)として育ちます。

伊東四朗さんがいつ結婚したか、どなたと結婚したのかはわかりませんが、伊東四朗さんには息子さんが2人います。

伊東四朗さんの娘さんについては、調べてみましたが、いないようです。

スポンサーリンク

長男は一般の方のようで、次男は俳優の伊東孝明さんです。

伊東孝明さんは1971年5月4日生まれでかつては父と同じサワズ・オルテ企画に所属していましたが、現在は武井咲さんや剛力彩芽さんや米倉涼子さんなどが所属するオスカープロモーションに移籍しています。

主な出演はNHKの朝ドラ「私の青空」や水戸黄門シリーズ、NHK大河ドラマ「真田丸」の本多正純役や数多くのミステリードラマ、サスペンスドラマに出演しています。

伊東四朗の娘は女優なの?画像は?

伊東四朗さんに実の娘さんはいませんが、役の上では羽田美智子さんが実の娘のような感じだそうです。

伊東四朗がたたき上げの刑事・鴨志田新一を、羽田美智子が娘でエリート警視の岡崎真実という、凸凹父娘コンビを演じる「おかしな刑事」シリーズ。

 引用:伊東四朗と羽田美智子の“凸凹父娘コンビ”にシリーズ史上最大の危機が!

土曜ワイド劇場「おかしな刑事」シリーズは2003年から続くテレビ朝日系列のドラマです。

15年にわたり、伊東四朗さんと羽田美智子さんは父と娘役を演じています。

伊藤さんは羽田さんについて、

エリート警視の娘・真実を演じる羽田とはシリーズの第1弾で初めて共演した。

「“スッキリした感じの人だな”というのが第一印象でしたが、すぐにコメディーが大好きなんだなというのが伝わってきて、手応えを感じながら演じてきました」と印象を告白。

「羽田さんは私のことを「お父さん」と呼ぶんですよ。

『伊東さんは芸能界のお父さん。お母さんは野際(陽子)さんです』とおっしゃるので、『じゃあ、お兄さんもいるの?』と聞いたら『渡瀬(恒彦)さんです』って。

長いこと演じていると、もう親子です(笑)」と羽田とのチャーミングなエピソードを語った。

引用:“芸能界のお父さん”伊東四朗が羽田美智子の“おかしな”エピソードを明かす!

伊東四朗さんは今年81歳、羽田美智子さんは今年50歳。

https://twitter.com/k_ohirune/status/1126353049713119233

年齢的にも実の父娘としておかしくない年齢差ですが、81歳になっても定年退職していない鴨志田警部について、伊東四朗さんは、

今後について、伊東も「もう年齢が年齢ですから、どうでしょうかねぇ(笑)。

でも、これからも『やれ!』と言われる間は、やりますよ!

引用:テレ朝『おかしな刑事スペシャル』視聴率13.0% 強敵の裏で前作からV字回復

ということですから、このシリーズはまだまだ続きそうです。

伊東四朗の最近の体調について

81歳になった伊東四朗さんですが、三宅裕司さんがオファーする形で2人の8年ぶりの舞台共演も果たしています。

スポンサーリンク

三宅裕司さんは伊東四朗さんにオファーしたことについて、

「伊東さんも80歳。コントを忘れられたら困る」と説明。

一方の伊東は「一座公演とコントどっちがいい?と聞かれて、一座って答えようと思ったけど、“魔が差して”しまった」。

続けて「80でコントをやった人はいないんじゃないかな。自分のメモリアルにしたい。でも、初日を10日延ばしてほしい気持ち」。

次は、90歳で?と聞かれると「ますます、メモリアルだな」と元気いっぱいだった。

引用:三宅裕司が伊東四朗にオファー「80でコントやった人はいないんじゃないかな」

ということですから、80歳を過ぎても体調万全のようです。

伊東四朗の娘に病気や死亡の噂が?

伊東四朗さんには娘さんはいませんが、羽田美智子さんの他にも娘さんのような存在の人がいます。

それは70年代後半に放送されたテレビ朝日系「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」で、当時アイドルとして絶頂期だったキャンディーズの3人です。

出典:伊東四朗 見ごろ!食べごろ!笑いごろ!キャンディーズとの共演

伊藤蘭、藤村美樹とともにキャンディーズを結成していた田中好子さんは2011年4月21日に55歳という若さで逝去されます。

テレビ朝日系「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」(76~78年)でキャンディーズと共演した伊東四朗(73)は「ゴムまりみたいな子で、健康の象徴だった。

2、3回親子の役をやったので、またやるかなと思っていたのに。

癒やし系といったら失礼かもしれないけど、遠くにいても手をふってくれたり、いつも周りが励まされていた。いい子だった」。

引用:伊東四朗「健康の象徴だった」

伊東四朗さんは田中好子さんのお通夜の席で、

「いずれはみんな向こう側に行く、待っててくれ」と伝えた。

当時キャンディーズと共演できるだけで幸せだった。

仕事場にいるだけで癒やされる人だった。

長く闘病していたとのことで、われわれが励まされる側の立場だったことが悔やまれる。

引用:伊東四朗「いずれはみんな向こう側に行く 待っててくれ」

とコメントされています。

伊東四朗さんに実の娘さんはいませんが、娘のような存在だった田中好子さんが先に亡くなってしまったことにはとても悔しい気持ちだったようです。

出典:伊東四朗「いずれはみんな向こう側に行く 待っててくれ」

また、伊東四朗さんの死亡というデマが2011年頃からネットでは流れますが、こちらの誤解については、伊藤四郎さんという元プロ野球選手が2011年5月30日にお亡くなりになったことが同姓同名だったために誤って流れてしまったようです。

元プロ野球選手で南海のスカウトも務めた伊藤四郎氏(いとう・しろう)が
5月30日午後4時12分、大動脈りゅう破裂のため旅行先で死去した。

78歳だった。三重県出身。

葬儀・告別式は1日午前11時から四日市市大井手3の1の1、三重祭典四日市で。

喪主は長男豪彦(ひでひこ)氏。

引用:元南海スカウト伊藤四郎氏死去

ご本人、ご遺族にとっても迷惑な噂かもしれません。

謹んでお悔やみ申し上げます。

伊東四朗さんの娘さん、最近の様子について調べてみました。

コメントにもあるように伊東四朗さん本人は80歳を超えた今でも精力的に芸能活動を続けています。

90歳といわず、何年でもドラマや喜劇、バラエティで楽しませてほしいと願います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする