岩本恭生の娘の学校はどこ?現在は札幌でバーを経営?

ものまねタレントの岩本恭生さんの娘さんについてまとめました。

岩本恭生さんの現在についても迫ります!

岩本恭生の娘について

岩本恭生さんと言えばものまねタレントとして活躍していますが、一時期テレビに出なかった時期があったことをご存知でしょうか?

その間、妻の介護をしていたことを、テレビ番組などで公表しました。

岩本恭生さんの妻は更年期障害と診断されましたが、様態はあまりよくなりませんでした。

当然、岩本恭生さんに大きな負担がかかりました。

岩本恭生さんには娘さんと息子さんがいらっしゃいます。

当時、娘の麗奈ちゃんは8歳、息子の黎音くんは6歳

スポンサーリンク

まだまだお母さんに甘えたい時期でもありました。

その後、妻は脳腫瘍が発覚。

車いすの生活を余儀なくされました。

特に娘さんは女の子ということもあり、家事なども手伝わなければと頑張っていたようです。

女の子がいると病気をした時に助かるとよく言いますよね。

娘さんは弟のことも気遣い、明るく、気丈に振舞ってはいましたが、やはりお母さんが変わっていく様子には多大なショックを受けていたようです。

介護を受けていたころの妻は、「私の願いは娘と一緒に買い物に行って服を選んであげたりすること」とおしゃっていました。

娘を持つ母親の多くは、娘と一緒に買い物にいくことに憧れを抱きます。

よく、妊娠段階で男の子と分かると、正直残念に思ってしまうという母親の多くは、娘と友達のような関係になりたいという夢があるからです。

その後妻は下手くそな医師の手術で失敗し亡くなってしまいます

岩本恭生さんはシングルファーザーとして家事に育児に、そして仕事に忙しくなりました。

娘さんにかかる寂しさや負担も大きかったのではないでしょうか?

そんな娘さんも今年19歳。

いいお年頃になりました。

お母さんの壮絶な闘病を間近に見てきた娘さんには、誰よりもお父さんである岩本恭生さんへの感謝と、お母さんの存在の大きさを分かっていることでしょう。

岩本恭生の娘の学校はどこ?

岩本恭生さんの娘さんがどこの学校へ行っているのかは分かりませんでした

スポンサーリンク

順調に行けば今現在は大学生になっているのではないでしょうか?

娘さんの学校と言えば、岩本恭生さんは妻の介護中、何度か引越しをして子供たちも学校を転校させたようなことをおっしゃっていました。

ママがよくなるのなら何でもやろうと、霊能力を持つという先生たちにすがりました。

ある占い師さんは今住んでいる家を引越しなさいと言われて、慌てて部屋を探しました。

娘さんはじめ息子さんも、突然環境が変わったりと振り回されていた様子。

今は落ち着いた学校生活を送れていることを願います。

岩本恭生の現在について

妻の介護を6年間してきた岩本恭生さんですが、実はお母さんとのダブル介護をしていました。

妻は2014年2月9日に亡くなられましたが、お母さんの介護は今現在でも続いています

岩本恭生さんのお母さんは要介護1という重い症状で、認知症です。

岩本恭生さんとしては老人ホームへ入れたいと思っているのですが、お母さんが自宅での介護を望んでいます。

岩本恭生さんのお姉さんも、老人ホームに入れてもらったほうが安心できると言っていましたが、岩本恭生さんにとっては辛い選択を迫られます。

しかし息子として、母親を老人ホームに入れるのは忍びなく、できれば最期まで自分が看たいと岩本恭生さんは悩んでいたのです。

結果として岩本恭生さんは母親を老人ホームに預けることに決めました。

介護の大変さを知らない人は、親の面倒を見ずに老人ホームへ入れるなんて、、、と言うかもしれませんが、介護する方もされる方も身内でない環境の方が楽な場合もあります。

岩本恭生は現在札幌市すすきので店(ダイニングバー)を経営?

岩本恭生さん自身は、現在もものまねのお仕事を精力的にされています。

北海道札幌市すすきのでものまねショーパブ「ものまねライブ ガンダム」を経営しています。

自身も出演する傍ら、後輩の育成も熱心に取り組んでいます。

聞きかじりなのですが、芸人が家を建ててる、マンションを購入するなどの理由でローンを組む時、芸人という職業で審査に落とされることがよくあるそうなんです。

ですが、ものまねタレントという職業だと審査も通るそうで、ただの芸人よりも安定した職業だと思われているようです。

岩本恭生さんは正当派のものまねをされる、そういった意味では数少ないタレントさんなので、テレビへの露出はあまりないかもしれません。

ですが、営業などもされているでしょうし、ものまねの腕前は衰えるどころかスキルを常に磨いているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする