川岸良兼の娘で次女は史果。画像は?家族構成や現在について。

今回はプロゴルファーで怪物こと川岸良兼さんの娘について、川岸良兼さんの家族構成や現在についてまとめていきたいと思います。

川岸良兼の娘で次女は史果。画像は?

川岸良兼さんといえば小松明峰高時代に日本ジュニア連覇(1983、84年)して、さらにパーシモンで280ヤード以上の飛距離を叩き出した日本ゴルフ界の怪物として有名ですね。

まずは川岸良兼さんの簡単なプロフィールについてまとめてみました。

所属 ミズノ

生年月日 1966年12月6日

出身地 石川県出身校

日本大学身長

180cm体重 88kg

スポンサーリンク

また、主な戦歴はと言いますと・・・

【レギュラーツアー優勝歴】

1990年
静岡オープン
関東オープン
ABC主催ラークカップ

1991年
ポカリスエットオープン

1995年
JCBクラシック仙台

1999年
Phillip Morris Championship
マイナビABCチャンピオンシップ

川岸良兼さんは10歳からゴルフをスタートし、ジュニア時代からゴルフの才能を発揮します。日本大学に進むと、ゴルフ部に所属し鈴木亨さんが主将、川岸さんが副主将を務めます。

また、在学中には日本アマ、日本学生など数々のタイトルを獲得し、1989年にプロ入りを果たします。

翌年1990年の「静岡オープン」でツアー初優勝。

関東オープンとマイナビABCラークカップでも優勝を果たし、年間3勝を挙げました。

何故、怪物と呼ばれるようになったのでしょうか。

1991年にもポカリスエットオープンで優勝。

新人選手としての目覚ましい躍進ぶりに加えて、大柄な体格から放たれる豪快なドライバーショットなどから“怪物”と呼ばれた。

その大柄な体格と豪快なショットから怪物と呼ばれるようになったのですね。

たしかに凄い迫力ですね!

また、後輩には丸山茂樹さんがおります。

丸山茂樹さんは川岸良兼さんについてこのように話をしております。

同じ日本大学出身の後輩丸山茂樹が、「入学して初めて川岸さんのゴルフを間近で見て、絶対に敵わないと思った」などと語るほどの才能の持ち主である。

あの世界の丸山が認めるとは凄いですね。

私生活ではと言うと・・・

川岸良兼さんは、1992年に同じプロゴルファーの喜多麻子さんと結婚しています。

奥さまは元プロゴルファーの喜多麻子さんでした。

喜多麻子さんの画像はこちら

川岸良兼さんと麻子さんの間には2人の娘がいます。

長女は川岸紘子さんと言い、現在は次女の史果さんのキャディも務めることもあります。

長女の川岸紘子さんの画像はこちら

左側が長女の川岸紘子さんです。

次女は川岸史果さんと言い、現在プロゴルファーとして大活躍をしています。

次女の川岸史果さんの画像はこちら

家族4人全員がゴルファーというのも凄いですね。

川岸史果さんは、10歳の頃からお姉ちゃんと一緒にゴルフを始めています。

小さい頃からゴルフに親しんでいるプロが多い中、10歳からというのは比較的遅いかもしれないですね。

でも、体づくりを優先的に行うためとして、ゴルフを始める前にテニスや水泳に親しんだそうですよ。

史果さんは10才からゴルフをスタートしました。

お父さんと同じですね。

スポンサーリンク

史果さんは中学の頃からメキメキと実力を発揮します。

川岸史果プロが頭角を現し始めたのは、中学生の頃になります。

では、中学生時代の優勝した主な大会をあげてみますね。

・2007年 関東中学校ゴルフ選手権春季大会

・2009年 JJGAウィンターゴルフジュニアチャンピオンシップ 12~14歳女子の部

・2009年 全国中学校ゴルフ選手権 夏季大会

・2009年 日刊アマゴルフ 全日本レディースゴルフ選手権

ゴルフを始めてわずか3年足らずで頭角を現し、同年代ではトップクラスの選手に成長しています。

お父さん顔負けの怪物ぷりですね。

川岸良兼の家族構成

では、ここで川岸良兼さんの家族構成をまとめていきたいと思います。

先にまとめたように川岸家はゴルフ家族です。

川岸史果プロは、父の川岸良兼プロ、母、姉、家族みんながゴルフをしています。

家族全員がゴルフをしている家庭というのも凄いですね。

川岸家の父はプロゴルファーの川岸良兼さんです。

母は川岸麻子さんで、元プロゴルファーとなります。

現在は次女の川岸史果さんのキャディーを務めています。

長女は川岸紘子さんで、日大ゴルフ部出身です。

次女が川岸史果プロとなります。

川岸良兼は現在どうしてる?

最後に、川岸良兼さんは現在どうしてるのでしょうか。

2004年のダンロップ・フェニックス選手権で、優勝したタイガー・ウッズと8打差の単独2位に入った。

2005年は、つるやオープン、三菱ダイヤモンドカップゴルフ、日本オープン選手権で2位となる。

2007年には年間賞金ランク102位で、5年ぶりにシード権を失う。

2007年にシード権を失ってしまったようですね。

シード権とは国内ツアーの競技に出場出来る権利のようなものです。

男子も 女子も 国内ツアーの競技に出場できるのは前年度に賞金ランキング上位(男子は 75位、女子は 55位まで)に入ってシード権を獲得した選手と後述するその他の方法でシード権や出場優先権を獲得した選手の約 100~120名である。

シード権を失った場合は再度、ランキングを上位に上げるなどしないといけません。

現在は国内シニアツアーで活躍をしているようです。

国内シニアとは?

プロゴルフは、大まかに分けると「男子」、「女子」、「シニア」の三つの「ツアー」に分かれます。

野球でいうペナントレースにあたるのが「レギュラーツアー」、日本シリーズなどの格式ある公式戦にあたる試合を「メジャートーナメント」とか「公式戦」などといいます。

公式戦はわかりやすくいうと「○○の日本一」を決める試合といったところでしょうか?

つまり、レギュラーツアーとは別のシニアという枠があり、そのシニアのみで行うのがシニアツアーとなります。

レギュラーツアーとはひと味違う、選手と観客の距離の近さが魅力のシニアツアー。

選手たちのサービス精神は旺盛で、磨き抜かれた話術もツアー観戦の醍醐味といえる。

レギュラーツアーに負けない迫力で、尾崎直道、室田淳、芹澤信夫、井戸木鴻樹、中嶋常幸といった人気選手たちが、昨年比4試合増の全17試合を戦う。

往年の名プレーヤーたちの、変わらない闘争心に、いつしか見ている方の心も熱くなるはずだ。

直近の川岸良兼さんが参加した国内シニアツアーの戦歴について調べてみました。

・2018/11/15〜11/17
ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント 順位は24位

・2018/11/09〜11/10
エリートグリップ シニアオープンゴルフ 順位は20位

・2018/11/01〜11/03
富士フイルム シニア チャンピオンシップ 順位は15位

2018年現在でもしっかりツアーに参加しておられました。

今回はプロゴルファー川岸良兼さんのご家族や娘について、また川岸良兼さんの現在についてまとめてみました。

いつまでも元気にゴルフを楽しんで頂きたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする