黒沢年雄の娘は黒沢レイラ?岡村隆史とデートした?現在死去?

見た目はひょうきんな叔父様なのかと思いきや…。

実は多くの病気を患っていたことが分かった黒沢年雄さん。

彼の娘さんは一体どんな人なのでしょうか?

黒沢年雄の娘は黒沢レイラ?

↑の画像の女性が黒沢年雄さんの娘・レイラさんです。

調べたところ、黒沢年雄さんの娘・レイラさんは、1977年生まれで、2018年現在の年齢は40歳もしくは41歳になり、アメリカ、ロサンゼルスに移住されているようです。

アメリカでの現在の職業は不動産コンサルタント、全米で約500人いる中からトップ20入りするほどの敏腕コンサルタントになっているようです!

アメリカで不動産コンサルトって、かなりの秀才だと思いますで、並大抵の人ができることではないでしょうね。

全米でトップ20ってことは、年収もかなりのものだと思いますが、アメリカで成功を掴んでる、黒沢レイラさんって素敵ですね。

スポンサーリンク

美人だった黒沢年雄さんの娘・黒沢レイラさんはアメリカに渡り、なんと不動産コンサルタントになっていました。

全米で約500人いる中からトップ20入りするほどの敏腕だなんて本当にかっこいい女性です。

黒沢年雄の娘・黒沢レイラは番組の企画で岡村隆史とデートした?

黒髪もいいけれど、茶髪の時のレイラさんもとっても素敵です。

岡村隆史さんが昔、めちゃイケか何かの企画芸能人の娘さん、4,5人と順にデートする番組があったと思うのですが。

どなたの娘さんかは知らずに、といった設定だったと思います。

その中に池乃めだかさんの娘さんもみえたはず。

どなたか、この番組の詳細について、ご存じありませんか?

実はこの中に、黒沢年雄さんの娘さん、黒沢レイラさんもいたという話は本当なのでしょうか?

ぐるナイではないでしょうか・・。

その中の企画の1つに、「岡村恋愛救済フィーリングカップル1対5」というのがありました。

父親が誰であることを知らされず、岡村が5人の女性とデートしたり、様々なゲームを楽しんだりしていました。

しまいには岡村がエスカレートしていき、モニターで見ていた芸能人の方が大慌てになるシーンもあったなぁ・・。

池乃めだかさんの娘さんが出演されていたかは覚えてないけど、私が覚えてるのは(芸能リポーターだった)梨元勝(故人)さんの娘さんですね。

出演した5人は母親の旧姓で企画に出演していたので、誰だか分らなかったなぁ・・。

回答、ありがとうございました。

「岡村恋愛救済」で検索して、黒沢年雄さんの娘さんについても憶えがあるのでぐるナイなんだとは思います。

ただ、池乃めだかさん親子についてはHITしないんですよね。

情報は確かではないのですが、かつて黒沢年雄さんの娘・レイラさんは岡村隆史が出演していた番組「めちゃイケ」に出ていたことがあるのかもしれません。

岡村隆史とはカップルになったのか?

結局、現在レイラさんはアメリカにいるので、きっと良い関係にはならなかったということなのでしょう…。

黒沢年雄が現在死去という噂について

若い頃の黒沢年雄さんは↑の画像の通り、外人っぽくてめちゃくちゃイケメンでした。

どことなくハリウッド俳優のメルギブソンに似ている雰囲気だったのですね。

スポンサーリンク

黒沢年雄さんは、1992年に大腸癌を患いました。

2008年には膀胱癌の手術、2015年には白内障の手術を受けています。

2010年には著書『二流芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由』も出版しました。

明るい性格の黒沢年雄さんがこんなにも多くの病気を患っていたとは…。

それでもテレビの前で明るく笑っていたなんて本当に驚きました。

黒沢年雄さんのトレードマークとなっているニット帽は、癌になって頭を短くしたときに被るようになったようです。

テレビに出演する際に被るようになったのは、自分のイメージを変えるという狙いがありました。

自分が若い時は、「あのおじさん、どうしていつもダサい帽子をかぶっているんだろう…」なんてファッションのことばかりに目が行っていましたが…。

今は「年をとると、隠したい部分をできるだけ人に見せないように、帽子をかぶったり、首元を隠したり…色々あるんだよな」と気が付けるようになりました。

ファッションと病気、意外なつながりがあったりするんですよね。

黒沢年雄は既に終活を済ませたと報告

子供の頃は戦後だから貧しかったけれど、その後に食べたいものはすべて食べ、行きたいところには行き、着たい服もぜんぶ着た。

唯一、野球選手になるという夢は叶えられなかったけれど、その後に目指した俳優として仕事ができて全部が叶った。

今ある財産といえば、家が2軒あるだけ。

財産はほかにはありません。

家は僕と女房の共同名義になっているので、僕が死んだら妻の物になり、やがて娘に渡っていくことになります。

税理士さんに僕の資産を全部見て試算してもらい、相続税の心配もいらないようにしてもらった。

葬式は2年前に済ませています。

比叡山延暦寺阿弥陀堂に夫婦の位牌があります。

戒名は英勝院智俊慈道居士。

まだ生きているので赤字で彫ってあり、亡くなるとその赤が削られます。

お坊さんが四十九日もやってくれて、骨は半分は黒沢家の墓に、半分は比叡山におさめられる。

まだ生きている内から自分の葬式を済ませておく…。

こんな方法があったなんて本当にびっくりしました。

うちは子供がいないので、やっておく方が良さそう!!そう思いました。

お墓はせっかく建てても100年もすればなくなるものでしょう。

子供がずっと守ってくれるものでもない。

いずれ無縁仏になって供養もされずに終わってしまう。

でも、ここなら比叡山がある限り、永遠に祀ってくれる。

大勢の観光客がやってきて、拝んでもくれるでしょう。

こう考えるのも、人に迷惑をかけたくないから。

僕が野球選手の夢を諦めたのは、16歳の時におふくろが亡くなったからなんです。

おふくろの最期の言葉は「年雄、よろしく頼むよ」。

僕がしっかりみんなを養わないといけないと思うから、できることは全部、やっておきたいんです。

僕はよく「怖い」と言われるんだ。

今まで、コンプレックスからきている反骨精神の「負けるもんか」という気持ちが強すぎたからだと思っています。

それを捨てて、来年からは笑顔だけで行こうと思ってね。

見た人に「怖くないじゃない」「いい歳して面白いね」と言ってもらいたい。

馬鹿だね」と笑われてもいいし、むしろ笑われたい。

みんなが笑えば、社会が明るくなるじゃないの。

そうして人生を終わらせたいね。

黒沢レイラさんがお墓を守ってくれるような気がしますが…。

子供に負担をかけないようになのか、それともあまり期待をしない主義なのか…。

100年経てばお墓は亡くなる…

そんな風にあっさりと未来を予測できるなんて。

黒沢年雄さんから学ぶことがとてもたくさんありました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする