円広志には娘がいるの?豊中市に住んでる?自宅場所や死亡の噂について。

歌手の円広志さんの娘さんについて注目!

円広志さんは豊中市に住んでいるとか。

自宅の場所を公開するとともに、死亡説の真相に切り込みます!

円広志には娘がいるの?

「夢想花」のヒットで知られる円広志さん。

大阪では毎日のようにテレビで見かけますが、正直関東から東の人にはあまり馴染がないかもしれません。

私生活についても自分からは積極的に話しませんが、1977年に結婚して娘さんが1人いらっしゃいます。

ただ、奥様とは長い間別居しているそうで、娘さんも結婚されて円広志さんから見るとお孫さんに当たる子供も生まれています。

円広志の娘は豊中市に住んでるの?

スポンサーリンク

円広志さんと豊中市を結び付けるものとしての情報は、円広志さんは産まれは高知県だけれども、中学の頃から大阪府豊中市で生活していたということ。

円広志さんにとっては第2の故郷なんだとか

そこに今現在も住んでいるのか?

ましてや娘さんご家族が住んでいるのか?までは分かりませんでした

ですが、中学生の頃から豊中市に住んでいるのだとしたら、そこに円広志さんの実家がある確率は高いですから、娘さんもおじいちゃん、おばあちゃんに会いに何度も行ったと思われます。

円広志と娘が絶縁状態だった理由は?

円広志さんはお嫁さんとは20年以上別居中だそうで、円広志さんが家に入るにはお嫁さんの許可が必要なんだとか。

一体、何をやらかしたのでしょうか?

今、世間を騒がせている「川崎麻世さんとカイヤさんご夫婦」のように、ずーっと別居してきて離婚裁判なんてことにならなければいいですが。

結局、ビートたけしさんなどもそうですが、お嫁さんとはもう終わっていたとしても離婚しない形で夫婦生活を続けている人は、実は多くいるのではないかと思います。

そのほとんどの理由は子供のためだと思うのですが、離婚しないで適度に遊んでお金を妻に還元するというパターンが一番平和なのかもしれません。

ところが、円広志さんの場合、お嫁さんと別居状態というだけでなく、娘さんとも絶縁状態なんだとか。

二人の間には娘がいて、孫にも恵まれているようですが、ある時酔った勢いで取り返しがつかないレベルの下ネタを娘に口走ったことがきっかけで現在絶縁中だそうです。

スポンサーリンク

下品なお父さんってもれなく娘からは嫌われます!

娘さんが絶縁するくらい嫌悪感が走ったその下ネタが気になりますが、敢えて載せません。

円広志の自宅場所はどこ?

円広志さんの自宅場所は分かりませんでした

恐らく関西圏に自宅はあるかと思われます。

ただ、円広志さんは東京への憧れは強いようです。

円は大阪・名古屋でレンタル音楽スタジオ「studio246」を創業・経営している。

名前は「いつかまた東京で活躍しよう」という思いを込めて東京を起点とする国道246号から取っており、自身もこのスタジオでデモなどのレコーディングを行っている。

ここから円広志さんの謎の「246バッチ」が誕生しています。

円はテレビ出演時などに、同スタジオのグッズでもある「246」と書かれた缶バッチを胸につけている。

バッジはstudio246全店で無料で貰うことができ、100回、246回記念のバッジも存在する。

よく芸人さんなどは大阪から東京へ進出する、というような言い方をしますが、やはり東京が最終目的地なのでしょうか?

円広志さんの場合は一発屋と思われているところもありますし、大阪では活躍していますが東京で認められてこそが成功なのでしょうか?

ただ、大阪であれだけ活躍している円広志さんですから、自宅は豪邸なんでしょうね?

地元では有名なのかもしれません。

円広志に死亡の噂が?

芸能人の死亡説が都市伝説的に流れています。

数々の芸能人が死亡説によって殺されているのですが、円広志さんにも都市伝説の死亡説がありました。

それが、「トラックに轢かれて頭部が破裂」というものでした。

もちろん全くのデマですが、どこからどうやったらそんな説が流れるのでしょうか?

円広志さんは以前に「パニック障害」に見舞われたことがありました。

最初の症状が出始めたのが1999年で、その症状は天井がぐるぐる回る眩暈のような症状だったそうです。

ですが「疲労」と自己判断してしまい、病状が悪化してしまいます。

暴れたり、会話が出来なかったり、何事にも悲観的になり涙が止まらないなどの不調が起こります。

「もう番組を全部降ろしてくれ!これ以上責めんとってくれ!」と泣き叫んだことから、周りがやっと気づいてくれて、番組を全部降板。

「パニック障害」と診断され治療に専念しました。

周りに理解してもらうために自分の病状を公にして、テレビ番組で体験談を語ることもあります。

そんな風に懸命に生きている円広志さんですから、簡単に死んだりしません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする