道場六三郎に娘がいるの?現在や死亡の噂について。

伝説の料理バラエティ番組「料理の鉄人」で最強の和の鉄人だった道場六三郎さん。

40年以上銀座に店を構えている道場六三郎さんの娘さんはどのような方なのでしょう。

調べていこうと思います。

鉄人になるほどの腕前の料理人がお父さんだったのですから、小さい頃からさぞかしおいしい料理を食べてきたのですかね?

 道場六三郎には娘がいるの?

銀座のお店では「親父さん」と慕われている道場六三郎さん。

プライベートでもお子さんがいるようですね。

奥様は残念ながら2015年の1月に他界してしまっています。

正確なお子さんの数は調べきれませんでしたが、道場六三郎さんの周りで活躍しているお子さんはふたりいます。

スポンサーリンク

いずれも娘さんです。

ひとりは道場(宮崎)敬子さん。

道場六三郎さんの事務所の代表をおつとめだそうです。

元々腕利きの料理人の上に、「料理の鉄人」の影響で、本業のお店の運営のほか、料理本の出版や講演会、イベントへの出演依頼等、非常に多忙だと思われる道場六三郎さん。

スケジュール管理や、身の回りのことの面倒を見てくれる人間がいないとやり切れないでしょう。

敬子さんは道場六三郎さんに関わってくることをマネジメントして、お父さんを支えているのです。

SNSや動画でお店の情報や道場六三郎さんのことを定期的にいろんな人に届けていますが、これらのコンテンツ管理も敬子さんたちの仕事なのでしょう。

「道場六三郎」という大看板を、本人の無理なく運営していっている敬子さんは、かなり敏腕のマネージャーなのかもしれません。

道場六三郎さんの周りで活躍しているもうひとりの娘さんは道場照子さん。

銀座にある道場六三郎さんのお店「懐食みちば」の女将さんをつとめています。

こちらのお店はもともと道場六三郎さんの奥さん、敬子さんや照子さんのお母さんが女将だったそうです。

ですが、体調を崩されてお店に立てなくなってしまい、専業主婦だったといわれる照子さんが女将となったようです。

超多忙なため、さすがに毎日道場六三郎さんがお店に立つことはありませんので、照子さんをはじめ料理長などのスタッフが力を合わせて、道場六三郎さんが目指す料理やお店の雰囲気を提供して多くのお客様を喜ばせているそうです。

さらに、道場六三郎さんのお孫さんにあたる女性も道場六三郎さんのお店に勤めていて、インスタグラムの発信などに携わっているようです。

インスタグラムなどで緊張感漂う調理の様子や、季節感を伴ったいおいしそうな料理の写真がアップされていますが、これはお孫さんのセンスのたまものなのかもしれません。

スポンサーリンク

道場六三郎さんの娘さんたちは、家族ぐるみでお父さんをバックアップしているのですね。

道場六三郎に死亡の噂が?

1931年生まれの道場六三郎さんは、2019年には米寿を迎えるという年齢です。

テレビで一時期活躍している人が、急に露出が減ると流れてくるのが「死亡説」。

道場六三郎さんもテレビにあまり出なくなりましたが、奥様のもとへと旅立ってしまったのでしょうか?

結論から言うと、まだまだご健在です。

精力的に仕事をするかたわら、趣味のゴルフにも時間ができたら出かけているそうです。

その元気はつらつな姿は、一緒にいる道場六三郎さんのマネージャーさんがびっくりするくらいだそうです。

ひ孫がいる年齢にもかかわらず、まだまだ元気なようですから、これからも道場六三郎さんのおいしい料理が食べられそうですね。

道場六三郎は現在どうしてる?

80歳を超えてもまだまだ元気な道場六三郎さん。

最近はどうしているのでしょうか?

銀座に2つもお店がありますから、こちらの運営にはきちんと携わっているようです。

実際の調理やお店の料理長に任せてはいますが、それぞれのお店のメニューは道場六三郎さんが考えているようです。

その様子がお店のHPに動画でアップされていますが、料理を作る姿は真剣そのもの。

かつて「鉄人」として大活躍していたのを思い出させますね。

また、80歳を迎えた2011年を期に、旬の食材と向き合いながらこれまでに築いてきた道場スタイルの和食をさらに模索する料理「道場旬皿」の創作を始めたそうです。

和食の伝統を踏まえながら、食材の本当の味と向き合う独創的な料理に取り組む中で、和食の伝統と新しい料理に挑戦する姿勢を次の世代に伝えたいと意欲を燃やしているといわれています。

80歳を過ぎても、伝統的な和食の枠にとらわれず、自身の創意工夫で新しい料理の世界を切り開こうとするその姿勢が素晴らしいですよね。

道場六三郎さんは本当に料理が好きで、非常に好奇心にあふれた人だと思われます。

そのほかの活動としては、料理のプロデュースや監修をしていたり、料理本にとどまらず、半生を手記にしたものや、経験をもとにした自己啓発本などを出版したりしています。

また、道場郎三郎さんを慕って、お店などで修業したお弟子さんたちとも年に何回か交流しているようです。

全国各地にいるお弟子さんたちが集まる相当な人数になるそうです。

このお弟子さんたちも、言ってみれば「道場六三郎の息子・娘」たちですよね。

たくさんの子供たちに囲まれて、道場六三郎さんは非常に幸せですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする