中林美和の娘で長女は花音で次女は里茉?学校や韓国人の噂について。

モデルの中林美和さんの娘さん情報を発信!

長女・花音ちゃん、次女・里茉ちゃんはどんな人?

娘さんの学校や韓国人という噂についても言及します!

中林美和の娘(長女)の名前は花音

モデルの中林美和さんは2人の息子さんがいたヒップホップMCのZeebraさんと結婚し、2人の娘さんに恵まれました。

長女は2002年に出産していますので、今年17歳、高校2年生になりました。

名前を「花音(かのん)」さんと言います。

中林美和の娘(次女)の名前は里茉

次女は2004年に出産。

お名前を「里茉(りま)」さんと言います。

今年で15歳、中学3年生です。

中林美和さんがZeebraさんの連れ子と結婚されていて、その息子さん方はだいぶ年上です。

長男が「健人(けんと)」さん、次男が「錬(れん)」さんと言います。

中林美和さんが19歳の時にZeebraさんと出会ったのですが、その時で健人さん7歳、錬さん6歳だったそうです。

19歳でいきなり男の子2人の母親になる決意をした中林美和さんはかっこいいです。

中林美和の娘がブサイク?

まずは、中林美和さんの娘さんの画像をご覧ください。

出典:ファッションモデル中林美和の娘、次女のりまは現在ブサイクって本当なの?

この時くらいまでは娘さんにモザイクをかけることなく、堂々と顔写真を載せていました。

それが、今ではこのようになっています。

出典:娘の誕生日♡

このように目元を隠すようになったので、娘がブサイクだからでは?と言われているようなのです。

いえいえ、目元を隠していても美人を思わせる顔立ちをしていると思います。

そして、目元を隠すようになったのは、娘さんが年頃になったからだと思われます

自分たちの意志で顔を晒すリスクを考え、画像を上げるなら目元を隠してと言われたのだと思います。

もともと中林美和さんはカリスマモデル。

Zeebraさんだってイケメンです。

2人の遺伝子を受け継いでいたら、どの口がブサイクと言えるのでしょう

娘さんたちも年頃になってネットの反応を見て、ブサイクだと言われていたら傷つくことですよね。

中林美和の娘は韓国人という噂について

スポンサーリンク

何故か、中林美和さんの娘さんについて調べていくと、「韓国人」というワードがヒットします。

一体どういうことなのでしょうか?

娘さんが韓国人と言われる先を辿れば、当然、父親であるZeebraさんも韓国人である必要があります。

そこで調べたのですが、Zeebraさんの実名が「朴英之(パクヒデユキ)」だという情報がありました。

本当かどうか分かりませんが、ここまではっきり名前が出ているので全くのデマだとも言い切れません。

ですが、Zeebraさんが韓国人だったとして、その娘さん方も韓国人の血が入ったとして、どうしてそれが問題なのでしょうか?

Zeebraさんも、中林美和さんも日本ではラッパーであり、モデルであり、誰にも迷惑かけていません。

日本人は特にネット民はすぐに「あちらの国」というような言い方で、韓国人をバカにする風潮がありますが、人間性まで否定する権利はないように思います。

中林美和の娘の学校はどこ?

中林美和さんの娘さん方は、インターナショナルスクールに通っているようです。

芸能人の子供はインターナショナルスクールに入れることが多いみたいですね。

それは、もちろん英語を学ぶこともありますが、いじめ対策でもあるかと思います。

また、中林美和さんの娘さん方にとっては、お父様のZeebraさんが海外に行くことが大好きなようなので、英語力を身につけさせたいという願いが込められているのかもしれません。

中林美和の娘の現在について

先にご紹介しましたように、中林美和さんの娘さんは思春期と言われる年頃に成長されています。

長女・花音さんが17歳。

次女・里茉さんが15歳。

この年頃になるとことにお父さんのことが大嫌いになりますよね。

ですが、花音さんと里茉さんはお父さんのことが大好きなようです。

中林は「娘は思春期で本来は難しい時期だけど、お父さんのことが大好き。

夫は私が忙しい時でも、本当によく子供の面倒をみてくれる」と、ヒップホップのカリスマの”イクメン”ぶりを明かした。

ワルほど子煩悩になるというが、「フリースタイルダンジョン」でキッズに大人気のZeebraさんは、ラップのみならず子育てにも手を抜かず、子供達から好かれているようだ。

引用:中林美和 夫・Zeebraの“イクメン”ぶり暴露「思春期の娘はお父さんが大好き」

お父さんと仲が良いということは、結局、小さい頃からの築いてきた父親との関係性がとても良かったのだと思います。

それには、お母さんである中林美和さんが、決してZeebraさんの悪口を言ったり、扱いを雑にしたりしてこなかった証だと思います。

そういう意味ではここまでの娘さん方の育て方は間違っていなかったのだと自信を持たれていることでしょう。

そして、中林美和さんがZeebraさんの連れ子を我が子のように愛情深く育ててきた姿を、娘さん方もしっかり見ていたのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする