三遊亭小遊三には娘がいるの?若い頃や逮捕で前科ありという噂について。

こちらでは落語家、三遊亭小遊三さんの娘さんについてご紹介します。

三遊亭小遊三には娘がいるの?

結婚されていて、奥さんがおられます。

また子供さんは息子さん1人、娘さんが2人の計3人の子供さんがおられますよ。

三遊亭小遊三さんの私生活について調べてみたところ、二人の娘さんと息子さんが一人いることがわかりました♪

ちなみに、奥さんの画像はこちら。

大のネコ好きということで以前BSのバラエティ番組にも猫ちゃんを連れて三遊亭小遊三さんと共演したこともあるんです♪

スコティッシュフォールドや日本猫など3匹の猫ちゃんを飼っているそうです。

スポンサーリンク

三遊亭小遊三さんは家族で新年会をひらいた際、ブログにいくつか写真をUPしています。

画像の女性は、どことなく目元や鼻筋など三遊亭小遊三さんに似ているので恐らくこの方が娘さんではないかと思われます。

お孫さんもいるため、子供さんのうちどなたかが既に結婚しているみたいです。

男の子なので、もしかすると将来は落語家としてデビューさせるかもしれませんね。

実は息子さんは三遊亭王楽の名前で落語活動をされています。

なので好楽さんの弟子なのかなと思いきや、そうではなくて5代目三遊亭圓楽さんの弟子なんですよね。

なので親子で兄弟弟子という関係になるんです。

なかなか珍しいことことではないでしょうか?

息子さんはお父様と同じく、落語家として活動しているようですが三遊亭圓楽さんの弟子とのこと。

父親に習うとなるとどうしてもお互いに甘えが生じてしまうため、あえて三遊亭圓楽に弟子入りをお願いしたのかもしれませんね。

ちなみに娘さんはお弟子さんとかではなくマネージャーをされています。

そこで三遊亭好楽さんの所属事務所を探したのですが、どこにものっていないんですよね。

円楽一門会所属みたいですが、マネジメントもされているのでしょうかね?

でも息子の王楽さんはオフィスまめかなに所属されています。

娘さんはマネージャーとしてお父様の活躍を日々サポートしている模様。

家族揃って落語業界に携わっているので、三遊亭小遊三さんは幸せでたまらないでしょうね♪

スポンサーリンク

今は亡き歌丸さんなんかも年収1億円は稼いでいたと言われているほど、スケジュールが詰まっている人気の落語家は稼ぎが良いと評判の職業ですし三遊亭さん一家もそれなりにセレブな生活を送っているかと思われます◎

三遊亭小遊三の若い頃について

高校時代、卓球部キャプテンを務めていたことから、1964年の東京オリンピックでは聖火ランナーに抜擢される。

なお、後に長野オリンピックでも聖火ランナーを務め、この時は東京都内を走っている。

落語とスポーツはあまり関連性がないことから、少し意外かもしれませんが実は三遊亭小遊三さん、若い頃に東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれたことがあったんです。

聖火ランナーって誰にでもはできることではない重要な役割なので、大変名誉なことですよね。

そして現在の三遊亭小遊三さんに比べるとかなりスリムで体が引き締まっています!(笑)

三遊亭小遊三には逮捕歴・前科があるの?

笑点大喜利のコーナーでイケメン落語家の三遊亭小遊三師匠が犯罪者扱いされるもしくは自分から悪人ぽく振る舞うシーンをたまに見かけますよね?

前科者とか、泥棒とか。

もちろん、小遊三師匠は落語芸術協会副会長に就任してたり、見かけによらず(失礼)品行方正な落語家なので、逮捕、検挙といったことは一度もありません。

小遊三師匠といえば下ネタや俺いい男だろ(自称)ネタが定番なんですが、この前科ネタも多いに笑わせてくれるネタですが前科者扱いをされるようになった理由を知らないとちょっと笑えませんし、「もしかして本当に前科があるの?」とか心配している笑点ファンも結構いそう。

三遊亭小遊三さんについて調べていると「逮捕 前科」などのキーワードがよく検索されています。

どうやら三遊亭小遊三さんのファンの間では「前科ネタ」が定番と言われているようです。

なぜそのような際どいネタを作ることになったのでしょうか?

三遊亭小遊三の逮捕が噂された理由

深川通り魔殺人事件(ふかがわとおりまさつじんじけん)とは、1981年(昭和56年)6月17日午前11時35分頃、東京都江東区森下二丁目の商店街の路上において発生した無差別殺人事件。

犯罪者ネタを作ったきっかけは「深川通り魔事件」が原点にあるそう。

このトレンドを追って、小遊三師匠が寄席のネタとして使用。

死傷者が出た事件を落語のネタとして取り扱うのはかなりリスキーな気がしますが、結果は大ウケ。

小遊三師匠といえば犯罪者ネタとなるほど高い評価を受けた模様。

恐らく、小遊三師匠自身が深川通り魔事件の犯人の顔立ちに少し似ていることからこのネタを取り扱うことに決めたようです。

モノマネとかそっくりさん系のネタって昔から受けが良いですからね(笑)

際どいネタの内容が、返ってお客さんに評判を読んだのでしょう。

ちなみに、最近では笑点で福山雅治ネタなども披露しています♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする