【父親は安倍内閣の文科相だった!】高見恭子の娘・鈴音がかわいいと噂。

こちらの記事では、タレント兼エッセイスト、高見恭子さんの娘さんに関する情報についてまとめています。

 

高見恭子の娘は鈴音

高見さんには、「鈴音」ちゃんという娘さんがいます。現在の旦那さんと結婚した3年後の1997年12月に生まれました。

高見さんは毎朝、娘さんのためにお弁当を作っては学校に送り出しているそうで、自身のビジネスが忙しい合間にも関わらず、ちゃんと子育てにも手を抜かないそう。素晴らしい姿勢です。。

プライバシーを守っているようで高見恭子ブログ(高見恭子アメプロ)には最近の写真がUPされておらず。しかし、お母様である高見さんが大変美人なので、鈴音ちゃんもモデルのように美しい女の子として成長していることでしょう♪

 

出身学校(大学)はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

平野ノラ(@noranoranora1988)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

高見京子さんの娘さんが通っている学校は東京都内の高校だったんだとか。

どこの学校なのか明かされていませんが、都内の高校に通っているということで、もしかすると芸能人の子供さんもよく在籍している「白百合学園」などのお嬢様学校に入学した可能性が考えられます。

 

高見恭子の現在の旦那は政治家・馳浩


出典:https://www.instagram.com/hasehiroshi3655/

スポンサーリンク

ご主人は安倍内閣で文部科学大臣まで務められた『馳浩』(はせひろし)さんです。それだけエラい人なのに、ももいろクローバーZのファンというのがおもしろいんですよねw

二人は、1994年3月に結婚しました。高見恭子さんが35歳、馳浩さんが33歳の時の結婚で、姉さん女房パターンでした。

娘の鈴音ちゃんは馳浩さんとの間に生まれた子供さんですが、実は馳浩さんも高見恭子さんも再婚同士でした。

2015年「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2015」を受賞されるほど仲のいい夫婦。教師とプロレスラーだった異色の政治家としても有名です。

大仁田厚さんも政治家として活動していた時期もあるので、やはりプロレスラーの方は正義感が強い方が多いので、「日本を変えたい」という想いから、政治家の道に転身したのかもしれません。

 

高見恭子の元旦那は超セレブ男子

高見さんは馳浩さんと結婚する前に一度離婚経験があるんです!

高見さんの最初の結婚は1990年のことでした。同年5月にお相手の男性と出会い、まだ4回しかデートをしていないのにも関わらず、出会って約1ヶ月後にたった4回しかデートをしていないにも関わらず、結婚するという異例のスピード。

お相手の男性は、年下の美容整形外科医の超セレブ・松原正裕さん。しかし、1990年9月に挙式をあげたものの同年11月にわずか半年でスピード離婚してしまうのです。

離婚理由については、よくある「価値観の違い」なのですが、具体的には高見さんがつくる手料理を旦那さんが食べずに外食ばかりしていたんだとか。きっと他にも積み重なったんでしょうね。それらを理由に二人は離れてしまったのでは?と予想しています。

高見さんは離婚会見で涙を流していましたから、本当は別れたくはなかったのでしょう。

交際中はお互い良いところばかり見えていたとしても、一緒に生活してみなければ、わからない部分もありますからね。しかし、離婚していなければ世界に一人だけの可愛い娘さん、「鈴音ちゃん」にも出会えていなかったはず。

高見さんは芸能人なので離婚直後は週刊誌の記者から追われることもあったりと、色々大変な時期もあったと思いますが、結果的には現在、素敵な家族に恵まれることができて本当によかったですね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)