竹原慎二には娘がいるの?現在の病気は膀胱がんでステージは?

元プロボクサーの竹原慎二さんの娘さんに注目!

膀胱がんを公表しましたがそのステージや状況についてもリサーチしました!

竹原慎二には娘がいるの?

竹原慎二さんと言うと、個人的には2000年に放送されていた「ガチンコ!」での「ファイトクラブ」でコーチとして奮闘していた姿が印象に残っています。

不良少年たちをボクシングを通じて更生させ、プロボクサーに育てるというなかなか今では見られない番組でした。

現役時代は数々のタイトルマッチで勝利し、日本を代表するボクサーです。

竹原慎二さんが最近騒がれたのは、癌であることを公表された時でしょうか?

それから奥様の香織さんが献身的な看護をされているようですが、竹原慎二さんにはお子様が2人いらっしゃいます。

スポンサーリンク

息子さんと娘さんで、竹原慎二さんが癌告知を受けた時は、息子さんは高校1年生、娘さんは中学1年生だったそうです。

それが2014年のことでしたので、息子さんはもう20歳で大学生に、娘さんは17歳で高校生になられていますね。

竹原慎二さんのブログを見ると、娘さんとのエピソードがたくさん書かれています。

それほど溺愛しているようなのですが、当の娘さんはお年頃ということで、パパを疎ましく思う行動が目立つようです。

ある日のブログの内容をご紹介します。

娘は着る服がなかったからとしょっちゅう僕のTシャツを勝手に部屋着に着ている。

洗ってあるからキレイなんだと。

僕が注文したものを一口頂戴といって先に味見するが、逆に僕がくれといってもパパが口つけたのは無理と平気でいう。

そんで今日は娘のタオルで顔を拭いたらめちゃくちゃ怒らた。

洗えばいいじゃんかというとそういう問題ではないと。

おかしくないか。

こういう経験、年頃の娘さんをお持ちのお父様は一度や二度、いや、五度、十度、あるのではないでしょうか?

竹原慎二は現在病気なの?

先ほど少し触れましたが、竹原慎二さんは病気、それも癌に侵されました。

その当時、竹原慎二さんは42歳。

病名は膀胱がんでした。

その兆候は癌宣告の1年前からあったそうです。

41歳ぐらいの時から具合が悪くなり、激しい頻尿になりました。

そこで病院に行ったら、膀胱炎・前立腺炎・前立腺肥大などの病名をつけられて。

スポンサーリンク

その時は「そうなんだ」と思って、薬をのんでいたんです。

そして2013年の12月31日、皆で宴会をやっていたとき、トイレに行ったら真っ赤な尿が出て、「これはやばいな」と思いました。

そこから検査をしたら、2月3日、膀胱がんだと言われましたね。

つまり、癌と分かるまで時間がかかったということです。

これって、一種の医療ミスではないでしょうか?

竹原慎二の病気は膀胱がんなの?

竹原慎二さんの病気は膀胱がんと判明。

もっと正確に言うと「浸潤性膀胱がん」という癌です。

どんな癌なのでしょうか?

悪性度の高い癌で、根が広く膀胱の壁の深いところまで浸潤する傾向があり、転移することもあります。

膀胱摘出、抗癌剤の使用、放射線療法など、体に負担のかかる治療が必要となります。

癌の中でも厄介な癌のようです。

竹原慎二の膀胱がんのステージは?

医師の誤診で癌であったのに、「膀胱炎」「前立腺炎」「前立腺誇大」と診断されたせいで、癌の発見が遅れました。

やっと別の病院を紹介され診てもらうと「ステージ4のがんです」と衝撃の診断を受けたという。

自覚症状を感じてから1年後の2014年1月、専門医の精密検査を受けた。 膀胱がんだった。

尿をためておく膀胱の奥に直径2・5センチの大きながんの塊があった。

病巣が膀胱の内部組織に拡大。膀胱の周りのリンパ節に転移していた。

ステージ4とは死を覚悟をしなければならない数字です。

実際、数人の医師に診断を仰いだところ、余命1年と言った医師もいたそうです。

竹原慎二の病院はどこ?

竹原慎二さんの膀胱がん発覚で問題になったのは誤診という点。

ですから、セカンドオピニオンは大事なんですね。

竹原慎二さんもセカンドオピニオンに関する著書を出版しました。

その内容を少しご紹介します。

2013年、尿の間隔が短くなる「頻尿」の状態になった竹原氏は、10年来の付き合いである内科医・A医師を訪れ、「膀胱炎」と診断されたそうだ。

しかし処方してもらった薬は効果がなく、引き続き症状を訴えても相手にされなかったそう。

その後も、信用あるA医師の診断を信じ続けた結果、約1年後には血尿が出てしまうほど病状を悪化させてしまう。

その後、別の病院のB医師に診断してもらったところ「膀胱がん」だと判明。

結局、A医師から診断してもらって1年もの間に、がんを進行させる結果になってしまった。

竹原慎二さんはこんな経験から、セカンドオピニオンの重要性をひしひしと感じたそうです。

そしてさまざまな医師からの意見を聞いて、自分の希望に合った「東大病院」に転院して手術を受け、その結果、リンパ節に転移したがんが消滅するという結果まで得られました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする