吉田純子には娘がいるの?死刑執行の様子や最後について。

死刑囚の吉田純子さんの娘さんに注目しました!

死刑執行の様子や最後についてまで掘り下げます!

吉田純子には娘がいるの?

看護師という立場を利用して保険金殺人事件を起こした主犯格の吉田純子さん。

極悪非道な吉田純子さんにも3人の娘さんがいらっしゃいました。

長女・紀子さん(当時19歳)、二女・エリさん(当時15歳)、三女・さやかさん(当時13歳)です。

3人とも未成年だったんですね。

スポンサーリンク

事件が発覚するまで吉田死刑囚は、久留米市内の高級マンションの最上階に3人の娘と同居。

引用:吉田純子死刑囚 子供(娘)の名前は?堤美由紀と関係を結んでいた!

身の回りの世話は、同じマンションの階下に住まわせていた3人にさせていたと言います。

引用:吉田純子(久留米看護師保険金殺人事件)の現在や子供、経緯や最後の言葉、韓国との関係は?

吉田純子さんは3人の娘さんにとって、どんな存在だったのでしょうか?

3人を下僕扱いしてボス気取りをしていた母親

金と欲にまみれた母親

それでも、3人の娘さんにとっては優しい大好きなお母さんだったのでしょうか。

吉田純子さんが逮捕された時も、娘さんたちは同じ空間にいたそうですから、どんな気持ちで送り出したのでしょうか。

疑問は尽きません。

あれほどの罪を犯した吉田純子さんの娘さんですから、当然、世間からは冷たい視線を浴びたでしょうし、誹謗中傷も半端なかったと思います。

吉田純子の死刑執行(最後)について

出典:吉田純子死刑囚の生い立ち!子供時代から詐欺師?娘3人の名前と現在は?

2016年3月25日。

吉田純子さんの死刑執行が行われました。

吉田純子さんは自分の罪についてどのように感じていたのでしょうか?

二審判決直前の06年5月、弁護人を通じ報道機関に手記を寄せていた。

A4判の便箋(びんせん)4枚につづられた手記では、一審判決で「主犯格」とされたことを否定。

「もちつ、もたれつの中、知恵を出し合い、共謀へと及んだ哀(かな)しい結果だったのです」と書いた。

「被害者の方々の魂が、どうか、天国で安らかでありますように。心より、お詫(わ)び申し上げます」と結んだ。

吉田死刑囚は「フォーラム90」の11年のアンケートにも「日々、内省と悔悟を胸に刻み、懺悔(ざんげ)の祈りを捧げております」と書いていた。

引用:「裁判官聞く耳持たず」「日々、懺悔」 死刑執行の2人

ですが、裁判官は聞く耳持たずだったそうです。

反省しているふりなら誰でも出来ます。

悪いことを悪いと認識出来ていない人が、再び世の中に放り込まれても更生するとは到底思えません。

また、死刑判決が出た時にはこんなことを言っていたという情報もあります。

あのような罪を犯してなお、悪びれる様子もなく、事件のことを自著で書きたいから協力してほしい、とまで書いていました。

引用:森功のブログ 黒い看護婦「死刑執行」の私感

自分が注目されるのが嬉しいのでしょうね。

スポンサーリンク

写真を拝見する限り、お世辞にも器量良しとは言えませんので、コンプレックスの塊だったのではないかと思います。

吉田純子の死刑執行の様子。暴れたという情報も?

吉田純子さんが死刑執行の時どんな思いでいたのか。

どんな様子だったのか。

知りたいですが、知らないほうがいいのかもしれません。

死刑執行の際暴れたなどという噂もありましたが、それは誰にも分かりません。

吉田純子さんが死にゆく姿より、吉田純子さんに殺された人たちの死にゆく姿のほうが何十倍も苦悶したと思うからです。

看護師という立場を利用して、注射器で毒薬を注入したため、苦しまずに死んだとも言われていますが、そういう問題ではありませんよね。

吉田純子の生い立ち~モンスターが誕生するまで~

出典:【ドラマ動画発見】黒い看護婦:保険金殺人界の吉田純子がモデル

吉田純子さんのようなモンスターはどのような生き方をしたら出来てしまったのでしょうか?

同情など出来ませんが、吉田純子さんもあまり幸福な育ちかたはしてこなかったようです。

吉田純子が幼い頃に父親が自衛隊を辞め、自動車修理を開業するもあまり上手くいかず、貧乏な生活を送る

よって母親が内職をして家計を支えていた。

吉田には4歳下の頭脳明晰なスポーツマンの弟がいて、母親に可愛がられていた。

それに対し、吉田純子には厳しく、時として体罰を与えていた。

父は母に対して当り散らす事があり、また、母は稼ぎの少ない父の事を愚痴っていた。

引用:吉田純子死刑囚 子供は3人 生い立ちが壮絶でヤバイ!Wiki風まとめ

親からの愛情に飢えていたのだと思います。

ですから、自分に注目を集めようと、吉田純子さんは小さい頃から虚言癖があったそうです。

そして、15歳の時に私立佐賀女子高校衛生看護科に入学します。

この時、奨学金で学校へ行くことになりますので、親からは独立したと考えていいかと思います。

出典:久留米元看護士4人組保険金連続殺人事件の真相

吉田純子さん自身も毒親でしたが、吉田純子さんの親も毒親だったのです。

18歳の時、詐欺行為を働きました。

妊娠したという嘘を付きカンパを集める詐欺行為を行ったため、2ヶ月の停学。

この頃から詐欺師の片鱗を見せていました。

引用:吉田純子死刑囚 子供は3人 生い立ちが壮絶でヤバイ!Wiki風まとめ

そして、高校を卒業ご、聖マリア看護専門学校へ入学し、共犯者となる池上和子さん、石井ヒト美さん、堤美由紀さんと出会います。

22歳の時、夫となる吉田浩次さんと結婚します。

そして浩次と純子は夫妻揃って、夫、浩次さんの祖母の養子になるという不可思議な関係になるですが、これは夫の祖母の遺産を相続するための狙いでした。

引用:吉田純子(久留米看護師連続保険金殺人)の家族や子供は?マインドコントロール方法、実はサイコパス?

この時から詐欺師ぶりを発揮していました。

そして、娘3人を設けます。

この時点で夫・浩次さんをマインドコントロールしていたことが分かります。

そして、堤美由紀さん、石井ヒト美さん、池上和子さんを次々に洗脳していき、事件を起こすのです。

吉田純子さんの原点はシンプルに愛されたかった、それだけだった気がします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする